今シーズン初スキー

もう2月も後半なのですが、やっとスキーに行けました。
1月はおまめくんはインフルエンザになったり、週末に大寒波で道路が通行止めになったりでなかなか行けなかったのですよねー。

昨年何度か滑って、私やお父さんがおまめくんのスピードについて行けなくなったので(単純に私たちのレベルが低いだけ)、今回はおまめくんはスキーレッスンを申し込みました。

ski.jpg

ski2.jpg

レッスンが終わったあと、先生から
「プルークボーゲンのバランスが良かったので、パラレルターンに移行するレッスン内容にしました。あと2回くらいレッスン受ければパラレルターンをマスターできると思いますよ」

と言われたのですよ。
私も夫も全く教えられるレベルではなく、昨年は各自自分が転ばないようにそれぞれのペースで滑って楽しんでいただけなのですが、おまめくんはバランスよく滑ることができていたのか〜。確かにスイスイ滑っていたもの。

保育園の頃から「バランスの悪さ」を指摘されていたものですから(発達障害特有のバランスの悪さ、という意味だと思います)、「バランスが良い」と言われたのは多分初めて!!
たくさんの自然遊びの中で随分感覚統合がなされてきたのでしょうかね。
幼少期の過剰な恐怖心も感覚統合がなされてないからだったと思われるので(ブランコや滑り台への恐怖)。
一昨年思い切ってスキー始めてよかったなー^^これも、無理やりではダメだったので、本人のやりたいタイミングで始めるのが一番だったと思います。なので遅すぎた訳でもなく。
ソリも怖がって滑ることができなかった5歳のおまめくんに無理やりスキー板履かせたってこうはならなかったでしょう。

広島は3月上旬にはスキー場が終わってしまうので、来週、再来週と続けて行けたらいいなと思っています。
しかし、このままでは私たち夫婦とおまめくんのレベルの差は開く一方ですけど・・・

中学について考える

早いものでこの春から6年生になるおまめくん。
小学校もあと1年で卒業ということで、中学の進路を具体的に考える時期になってきたなあと思います。

小学校では支援学級を選択しました。
最初は支援を手厚くして、少しずつ減らしていくという形で、場合によっては小学校の途中から普通級も選択肢に入れてはいたのですが、結局卒業まで支援級ということになりました。
うちの場合はこれで良かったです。

ただ、中学は支援級は考えていなくて・・。
理由はいろいろありますが、小学校と中学校ではいろいろと違っているので、支援級の良さがあまり感じられないなあと思っています。(もちろん学校によって違うのでしょうけどね)

ということで、選択肢は
・地元の公立中学校
・通える範囲の私立中学校
で、どちらも普通級(私立にはそもそも支援級はないけど)ということになりますね。

私立に関しては、我が家の場合は難関校は考えていなくて、中堅校ともいえない進学校ではない少人数の私立が候補です。

これが、通える範囲にあるんです。
少人数(1学年30人いない。)、歩いて10分の中高一貫の私立が。
通える範囲というか、地元の公立中学校より近くにあったりします。

そしてもう一つ、なんとか通える範囲(スクールバスがあって、それで40分くらい。バスは家の近くにとまってくれる)にも同じような条件の学校があります。
こちらは1学年50人くらいで2クラス、中高一貫。

本人の意見としては、
「地元の公立中学には行きたくない」という強い思いがあるようで。(やはり特定の子からのからかいが嫌とのこと)
なので、2つの私立学校を見学したりしながら決めていくという形になるのかなと思います。

おまめくんは、中学になったらプログラミングができるパソコン部に入りたいと思っているらしくて、この2つの私立にはどちらもその部活はあるようです。
・・が、近所の学校はあまりに少人数すぎて活動は活発ではないみたい。スクールバスで行ける学校はそこそこ活発らしい。
そういう意味で、ちょっと遠い方の学校におまめくんは行きたいと思っているということでした。

(ちなみにプログラミングとかって、小学校低学年からするものじゃないと思って本人が「やりたい」と言ってもさせてこなかったのですが、もうすぐ6年生。本当に興味があるならやらせてみても良いのかな、という年齢になってきたわけです。本当に早いなあ。)

そうそう、近所の私立の学校説明会に行ったのですが、そこで校長先生が、
「今この学校では、先生たちの特別支援教育の研修に力を入れています。自閉症、ADHDなどの診断があることは受験で不利になることはありません。入学されたら個別に配慮いたします。」
と言われていました。特に保護者からの質問があったわけでもないのに、です。
なんだか安心しました。

おまめくんが行きたいと思っているほうの学校は発達障害ことは特に言及されていないのですが、授業にノートではなく全員がタブレットを使っているということなので、ノートを取るのが困難なおまめくんにはこちらの学校も良いかも、と思ったりしています。
タブレットも、ノート代わりのツールとして活用するのなら、書字に困難を抱えている子には大きな支えになりますよね。

ちなみに我が家では、タブレットは小学校のうちはデメリットの方が大きいと思って活用してないですが、小学校では「ノートに書かない」ことをお願いしているんです。でも中学校では書かないことは難しいので、効果的にタブレットを活用できればと思っていたんです。
全員がタブレットなら、特別にお願いしなくても良いというメリットが大きいですからねー。
(しかし、定型発達の子たちにもタブレットが必要かどうかは個人的には疑問ですけど。全生徒タブレットって実際はどうなんだろう?)

とにもかくにも、学校のホームページを見ただけだけど、とてもワクワクしてきたそうで(パソコン部があるから?)、中学校が選べる(入試はあるとしても)ということが分かっていろいろと安心して、中学校生活には前向きなおまめくんなのでした♪
オープンキャンパスや学園祭にも行って、学校の雰囲気も見てゆっくり決めていきたいなーと思います^^





11歳になりました

先日、11歳の誕生日を迎えたおまめくん。
誕生日の日は近くのBBQできる公園で焼き芋を焼いて、バドミントンをしてのんびり過ごしました。
じゃがバターが美味しかったです!!

さて、最近のおまめくん、ミニチュア作りに興味を持ち始めています。
と言っても、まだ作り始めたばかりなのですけどね。

先日はミニ鉛筆をお父さんと一緒に作っていましたよ^^
IMG_0803.jpg
IMG_0804.jpg
IMG_0806.jpg

プラモデルのプチっガイにぴったりサイズの鉛筆です。
これでコマ撮りアニメを撮りたいようです。

おまめくんには、この3冊の本をプレゼントしました。
panda2.jpeg
panda1.jpeg
mozu.jpeg

一冊目のMOZUくん、すごいですよ〜
まだ19歳とのことですけど。クオリティが高すぎです。
この本は作品集ですが、MOZUくんがどんな子ども時代を過ごしたか、ご家族の関わりなどの記事がとても良いんです。
ジオラマにあまり関心がない方もぜひ手にとって読んでいただきたい本です。

パンダグラフさんの2冊も分かりやすくて良い本です。
パンダグラフのお一人は、絵本作家でイラストレーターのヨシタケシンスケさんですよ♪
(おまめくんはヨシタケシンスケさんの大ファンです)

11歳って小さいときには想像できなかったけど、あっという間でした。
なんと、この春から6年生になります。信じられません。
そろそろ中学校のことも具体的に考えていかないとなーと思います。

将来の夢を語る

もうすぐ11歳になるおまめくん。
早いものです。

11歳といえば、以前通っていたカウンセリングの先生から、その頃に出会ってビビビと来た分野に突き進む(将来の夢に向かっていく)というようなお話を聞いたことがあるので、大事にしていた年齢です。

以前のブログのこちらの記事参照。

夢はいつもいろいろ語っていたけれど、最近、大きく針を振り切った感じで語り出した夢があります。

「映画監督になりたい!!!」

と。

2016年に公開された「シン・ゴジラ」と「この世界の片隅に」の影響が大きいでしょうね。

映画を勉強できる大学があるか?という質問があったので、一緒に調べてみることに。
ありますね〜。いろいろあります。
主に美術系・芸術系大学に映像学科という学科が設置されています。

これまで恐竜が好きだったから夢は「古生物学者」だったんだけど、日々おまめくんがしていることと言ったら、絵を描いたり粘土で造形したり創作折り紙をしたり。とにかく毎日、何かを作っている日々。
確かに、そちらのことを学ぶ方が楽しめるのかもしれませんね^^

中学に入ったら早速デッサンを習いたいと意気込んでいます。
シナリオを書く勉強もしたいそうです。
まあ、とにかくやる気満々で、毎日楽しそうに絵コンテを描いたりコマ撮りアニメを撮影したりしているおまめくんです。

IMG_0799.jpg

映画だと出演者を探さないといけないからなかなか難しいけど、コマ撮りなら1人でも撮影できるからね〜。
気持ちはもう監督です。

あと1週間ほどで11歳ですが、この年齢でビビビと来たものは映画だったとは。
なかなか面白い展開だなあ^^

なんにしても、夢に向かって日々楽しめるのは素晴らしいことだな、と思います。
どんな夢でも応援するよ〜。

折り紙ブーム その後

オリジナル作品、続々と。
ティラノサウルス

トリケラトプス

キングギドラ

ゴジラ