ピアノ リスタート

4歳の時に、「どうしてもピアノが習いたい」と言って習い始めたピアノ。
おまめくんにとってはとても大切な存在で、「おじいちゃんになっても弾き続ける」とよく言っていたものでした。

それなりに大変なこともあったけど、楽しく気持ちよく弾くことができていたのに・・・今年に入ってからそどうしてもそれができなくなっていました。
レッスンでも家でも、なんというか、心と音がチグハグな感じというか。
全然楽しくなさそうに弾いている様子を見て、胸が痛い思いでした。

おそらく、いつまでたっても楽譜が読めないことや、気分のムラで音も全く変わってしまうことで、読譜やハノンなどの基礎練習に重点を置くレッスンに変わったからだとおもうのですが。
もちろんこれまでもおまめくんはずっとそんな感じだったけど、高学年になったのでしっかりと基礎を、という思いが先生の中にあったのだと思います。

音楽の道に進むつもりは本人は無いと言っていること、楽しく続けられれば良いと考えていることはお伝えしたものの、先生にはしっかりと先生の思いもあり、指導方針もあるわけで、こちらの思いばかりを通すのも勝手な話だなあと思い、色々考えた末、夏前にピアノのレッスンを辞めたおまめくんだったのでした。

で、3ヶ月ピアノに触ることはなかったおまめくんでしたが、先月ふと、「弾いてみようかなあ」とピアノのフタを開けたのでした。

特に先生につかず家で好きなように弾けばいいかと思っていた矢先に、いろんな偶然が重なって良い出会いがあり、新しい先生のところに行ってみることになったのが今月の始めのこと。
先日、体験レッスンに行ってきました。

弾ける曲が全くなかったのですが、おまめくん自ら「新しい先生に聴いてもらおう」と言ってブルグミュラーの素直な心とアラベスクを練習してました。

体験レッスンでは、おまめくんが弾き終わった後に先生が、
「弾いてて何か見える?色とか、景色とか?」と聞かれていたんです!
(事前にそんな話はしていないのです)
おまめくんは、「雲の上の景色が見えます」と答え、先生は、「じゃあ、(楽譜を指さして)この辺りで光がさす感じで弾ける?」という感じで指導してくださるといった内容で。

音符も読めなければ色音符も使ってもOK、記号は分からなかった先生に聞いてOK、楽譜見ないで弾いても怒られない、(これまでは分からない記号は事前に調べて自分で書き込む、音符も高学年からは色塗るのもNG、楽譜はレッスンでは見ないとNGだった)ので、久しぶりにピアノを始めた頃のおまめくんのように楽しそうに弾いていて、あっという間の40分でした。
先生が私に、「とてもきれいな音ですね」と言ってくださいました。それはきっととても気持ちよく弾けた時の音です。
レッスンが楽しかったのだと思います。

何度か弾いたときに、「ああ、今のは素敵な景色が見えたね」とおまめくんと楽しそうに言いあっていた先生。
私にはさっぱり分からない世界ですが、おまめくんが説明する内容が先生に伝わるというのは本人にとっても、とても嬉しいことだったと思います。

そして最後に、先生がこの教室の大切なお約束を一つ言います、と言われていたのですが。
「宿題はだすけど、ピアノを弾きたくない日は弾かないこと。宿題だからやらなくちゃ、という気持ちで弾いたらピアノも悲しくなっちゃうからね。弾きたい時だけ弾く。これが大事なお約束です」
という内容でした。

ちょうど5歳の誕生日の時に初めての発表会だったのだけど、その時はそれはもう嬉しそうにニコニコしながら演奏していたんでした。
純粋にピアノが好きで楽しかった時に、また戻れるのかな。

以前の先生には当然とても感謝していて、私もおまめくんもとても大好きな先生です。
大切なことをたくさんたくさん教えていただきました。
辞めるのはとても難しい決断でしたが、高学年になって求められていることに応えられず、苦しみながら弾き続けることはどうしてもできなかったので・・・。
新たな先生との出会いでまたピアノを楽しめるようになれたら良いなと思います。

難しい曲を弾いたり音符がスラスラ読めるようにはならないかもしれないけど、音楽がおまめくんの人生に幸せをもたらすものであってほしいなと願っています。

愛媛キャンプ ワンコ編

10月の3連休は晴天に恵まれて行楽日和でしたねー(o^^o)
2泊3日はかないませんでしたが、一泊で愛媛にある「国民休暇村瀬戸内東予キャンプ場」に行ってきました。
ここは我が家が初めてキャンプをした場所でもあります。
その時は結構な雨に降られ、初めてでいきなりの雨撤収だったのですが、テントで寝た楽しさのほうが上回っていたんだなー。
ちなみに、初めてのキャンプの時は夕食は休暇村のレストランにて。
メインはテント泊でした。
その時の我が家の印象は、「こればちょっとした別荘ではないかー!!ワクワク♪」といった感じで。
そんなこんなで、2年前から年に10泊くらいでキャンプに行くことになった我が家なのです。
まあ結局のところ、犬がいて旅行を諦めていたのだけど、テント泊なら気兼ねなく犬と泊まれることに気がついて(遅いけど)、観光を兼ねたキャンプもちょこちょこ楽しんでいるのです。
今回は私とカンクローは昼間はキャンプ場でお留守番。おまめくんとお父さんは今治城などの観光を楽しんでましたよ♪

何種類か持っているテントですが、今回は寒い時期にしか使えないケシュアのトンネルテントにしました。(これ、1万4000円くらいで買えて、簡単に立てられて広いという優れもの。ただし夏は暑くて使えない)

ツールームで、リビングスペースにはカンクローのベッドも入ります。


お父さんとおまめくんが観光している間、私とカンクローでのんびりと。
カンクローはずっと足の調子が良くて、海辺のお散歩も楽しみました🐕

夕食はお鍋。そんなに寒くない、というよりは暑かったんですが…。

定番の焚き火も楽しく。

海に映る月の光がとっても美しくて、写真ではこの程度なんだけど本当に綺麗で、家族でしばらく見とれておりました。
実はこのキャンプ場からは海から昇る朝日が見られるので楽しみにしていたのですが、あいにく夜明けは厚い雲に覆われていて見られませんでした。
昇る月が見られたから良しとしましょう。

帰りはしまなみ海道のサービスエリアでレモンラーメンを🍜
テラス席があると犬連れにはありがたいです。
ということで、今週末は雨みたいなので家でのんびりの予定です。
しばらく行事が続いて10月は連休がないのでキャンプは11月までおあずけですが、今回良いお天気に恵まれてリフレッシュできました♪
カンクローも大満足だったようです🐶

5年生近況

5年生ももう半分以上過ぎてしまっています。
夏休みには、5年生最大の行事「野外活動」が2泊3日であったのですが、無事参加。

島にあるいろんな学校が合宿するような場所だったのですが、担任の先生に事前の見学が可能かどうか、春に聞いていました。
施設に確認したところ、OKとのお返事^^
繁忙期になる前の6月中なら大丈夫ですよ〜ということで。何なら家族で宿泊もできますよ?とも言っていただいたのですが、うちには犬がいるので日帰りで見学をさせていただきました。

泊まる部屋や食堂、活動する場所などなど、施設の職員さんが丁寧に案内してくださいました。
また、みんなでお風呂に入ることが苦手な子のために、個別のお風呂も用意できますよ、とのこと。
おまめくんはお風呂はみんなと入るのは問題ないらしいので使わなかったのですが、最近は色々と配慮をしてくださるのだなあとありがたく感じました。

ただ、事前に見学が可能だということは学校も先生もご存知なく、学校から提案されることはなかったので、できれば自分から学校に問い合わせてみる方がよいだろうなと思います。
診断名を伝えて、事前の下見があると安心して参加できると伝えれば、たいてい下見をさせていただけるのではないかなと思います。

1学期を振り返ると、野外活動への不安なのか5年生という学年の忙しさからなのか、学校は休まず通ったものの、学校内で疲れて休んでいる場面が多かったように思います。
交流の授業は頑張って受けるけど、支援級での授業は休む(支援級もしくは保健室)ことが多かったです。

それでも学校が終わった後は、時々友達と遊んだり、疲れている様子を見せることはなく元気に過ごしていたので、大きな崩れはなかったかな〜と思います。

2学期に入ると、学校内で疲れて休むことも減っていて、授業を受ける気力が残っているようだと先生から伺っています。
学校が終わった後も週末も元気に過ごし、特につまずきは今のところ感じられないです。

そんなこんなのざっくりな5年生振り返りですが、元気に過ごしているのが何よりです^^


島根キャンプ 観光編

キャンプの帰りに、「はんざけ自然館」というところに寄ってきました。
行きに看板を見つけたおまめくん。どうも、持っている本に載っていて、行きたいと思ってたらしいのです。その博物館が近くにあるということを知って大喜びでした!
この本の

ここに載っていたと帰ってから教えてくれました。

はんざけとは、オオサンショウウオのことだそうです。
この地域には、川に普通に生息しているとのこと。自然館で繁殖などもしているということ。
受付の方がいろいろと教えてくださいました。

はんざけになりきる着ぐるみもあり!!!


サービス精神旺盛なダイゴロウくんが顔を出してくれたり。

とても楽しんでいたおまめくんでした。
なかなか素敵な博物館だったので、また行きたいな。

島根キャンプ ワンコ編

先日の島根キャンプ。
カンクローももちろん一緒でした^ ^
カンクローの足はここのところ調子がよく、車いすなしでもお散歩ができるほど。
キャンプ場は広いのでたくさんは歩かず、私がカンクローとキャンプサイトでのんびりしつつ、お父さんおまめくんが自転車乗ったり卓球したりと遊びにいく感じで過ごしていました。

テントの前室でマッタリと過ごすカンクローくん。
今回はカートも持っていったけど、使うこともなく、足の調子はずっとよかったです。

近くの温泉の割引券をいただいたので次の日の朝行ってみたのですが、そこにはドックランがあったんです🐕
リードを外してみると、嬉しそうにテクテク歩くカンクロー^ ^
もちろん元気な時のように走ったりはできないけれど、ふらつきながらも自分の行きたいところをのんびりと歩いてドックランを楽しんだカンクローでした。
他のワンコもいなくて貸切でしたよ(^。^)
カンクローも元気で楽しく過ごすことができたのが何よりでした。