FC2ブログ

面接の練習

小学生の校長先生が、面接の練習をしてくださいました。
2回も!
ありがたいことです。

面接のポイントも分かりやすくまとめてくださいました。

2019011008392855a.jpeg

こんな風に、入室時、退出時、その他気をつけること、想定される質問などを紙にまとめていただきました。
わかりやすいです。

練習の時のアドバイスは、
「キョロキョロゴソゴソしないように」
だそうで。。
校長室で面接の練習なのにキョロキョロゴソゴソしちゃうというのはどうなんでしょうね。
アドバイスを受けて意識できるようになった、と自分では言ってますが。

他には、質問には具体的に答えたほうがいいよ、先生の目を見たほうがいいよ、などもアドバイスいただいたようです。

本番で上手くできるといいですが。
先生からは、上手にできてますよーと言っていただいたのでまあ心配しなくてもいいかな。

塾に行ってないので学校でこういうことをしていただけるのはとても助かりました。
最初の試験は明後日でーす!
来週末には2つとも結果が出ているはず。
今のところ元気です^_^
このまま風邪ひかなければ何よりです。

対策を練る

受験まであと少し。
2つ受けるのですが、第一志望の学校を専願で願書出したから理科と社会がないのです。
もともと、第二志望のところが第一志望だったから理科と社会もしていたのだけど(こちらは専願受験の制度はなくて一律4教科)、11月下旬に急に気持ちが変わって、近い学校がよくなったということで。

なんか中途半端な理科と社会。。
もともと理科は手をつけていなかったからそのまま手をつけず、9月くらいから日々取り組んでいた社会が微妙な立ち位置になってしまってました。(もっとも苦手な科目だというのに)

先に第二志望の結果が出て、その翌日に第一志望の試験があるのですが、第二志望の結果を見ずに第一志望の試験を受けるということで落ち着きました。両方の結果を一緒に開けてみることにしたわけです。
なので、不合格でも精神的な影響が翌日のテストに出ることはないということで、社会もしないことにしました!
第二志望を受ける目的は、テストと面接の練習の意味ということで、第一志望の国語と算数をしっかり点数とれるように準備することにしてみました。

でも算数は、第二志望の学校の過去問もしっかり取り組んでます。
時間配分のトレーニングになるからです。
テストは40分時間制限で、計算が7問と多め。その後、小問集合問題、図形、大問2題というパターンです。
時間配分とケアレスミス対策が主な課題なので、いろいろと状態を観察しながらベストな案にたどり着きました。

計算7問のうち3問を飛ばす、3.14の計算が出てくる図形問題を飛ばす、前半はこれで図形まで20分で解けます。
残りの大問2問を20分という配分にしてみると、飛ばした問題以外は解くことができます。もちろん時間が余れば飛ばした問題にもどります。

家では40分通しのテストはせずに、20分、20分で時間をあけて取り組んでみるようにしています。
このようにすると、解いている問題はミスが少なく、ミスゼロのことも増えてきました。

おそらく、最初の計算問題を7問することによって脳が疲労し、計算そのものもミスした上にその後の問題にも悪影響を与えていたのでは、と感じたからです。
あとは、時間配分的に40分では全部の問題に手をつけることは無理と判断。処理速度はそこまでは上がらないかったので。(学校のテストで初めて時間が余ったけど、受験問題ではそこまでは無理)
なので、時間内に解ける問題を取りこぼしなく取り組むほうが効果的だからです。

家では、もう40分の通しはしない予定です。これは本番という緊張感に助けてもらうことにして、家ではミスをしない、という状態(感覚)を意識してもらうために、20分で切り上げることにしました。

そんなこんなで、結局算数の過去問しかしていない、しかも1日20分、20分という短時間しかしてないというゆるさ加減ですが、今のところミスがぐっと減っていい感じです。

第一志望の問題の方が時間は50分だし計算は少ないし、立体図形なんかもあって相性はいいみたいなので、ミスを克服できれば大丈夫なのかなあ、という感触です。

国語は。。結局やってない。50点が及第点なら、低かったら算数でカバーしてもらおうかと思ってます。甘いでしょうか。
そんなこんなで、他の受験生に比べてら少ない時間ながらも毎日きっちりミス対策頑張ってます。
あと2週間くらいなので、いい結果をお知らせできるといいなーと思います。