FC2ブログ

日々の生活などなど

6月の怒涛のテスト月間が終わり、あっという間に7月です。
7月は、夏休み前にバレボールのクラスマッチがあったり、10月の合唱祭の曲決めを行ったり、あまり行事のない学校ながらも、行事の準備などを行っている模様。

小学校のときと違って、あまり困ることもないようなので、学校からの連絡もないためどのような日々を送っているのかわからない部分もありますが、毎朝元気に通っているので大きな問題はないのだろうな、と思います。

音楽の時間の前に、音楽室でゴジラの耳コピを弾いていたところ、みんなが褒めてくれたそう。
で、合唱の伴奏に推薦してもらったようなのですが、断ったとのこと。(懸命な判断!)
で、息子は同じピアノ教室の女子(以前のピアノの先生の生徒と、現在のピアノの先生の生徒がなんと同じクラスにいるんですよ)の2名を推薦したそうです。
間違いなくその女の子たちの方が適しております!
まあ、まだ決定してはいないみたい。その女の子も断ったら回ってくるかもしれませんが・・・。なるようになるかなあ。

5月に、小学校の時に支援級に在籍していたことでちょっとした騒ぎになったことがあったけど、その後は本当に何もなかったかのようにみんな普通に接してくれているようです。
色々抜けていることも多いし、時間割変更を聞き漏らして忘れ物もあるようだし、宿題も聞き漏らしてできていないこともあるみたいだけど、先生も暖かい目で見てくださっているのでは?と思っています。

情報科学部は、最初プログラミングや作曲ソフトをしていたパソコンが、eスポーツに使われてしまって、毎回空いたパソコンがなくておしゃべりして帰っていたことが判明。(おしゃべりが楽しければそれも悪くはないけれど)
なので、食わず嫌いもよくないし、eスポーツやってみたら?と提案してみました。

そんなこんなで先生にアカウントを作ってもらい、今週からeスポーツに参加しているみたいです。
これまでゲームをしたことがなかったので、あまり操作は上手くいかないながらも、楽しめているよう。
グループの対戦にも参加させてもらって、それなりに楽しんで過ごせてるみたいです。
先輩が優しいのがいいなと思います。

顧問の先生はJavaが使えるようなので、学校ではできないけど先生からJavaの本を借りてきて、家で独学しています。
やってみたいことをいろいろ試せばいいんだろうと思います^^

なんだかんだで今の所1日も休みなく、遅刻もなく、無事に1学期が終わりそうで一安心です。
私も息子の学校に対する心配や緊張感が随分薄れ、日々の疲れも治ってきました。
やっとペースに慣れてきたのですね。

定員割れが激しい学校なので何も期待をしていなかったのですが、息子にはちょうどよく通える学校だったと思います。
クラスメイトも元気で賑やかなタイプの子が多いのですが、根は優しいいのかな?という印象。
陰湿ないじめのような話を聞かないので、この点が一番安心しているところです。


学校での様子

入学から2ヶ月近く経ちました。
学校での人間関係について少し。

クラスは女子が多め、男子は少ないです。
それなりにクラスメイトとは話をしたりしているようで、日々学校での出来事を話してくれています。
入学当初、女子に変なあだ名をつけられましたが。。。(笑える、という意味でつけられたあだ名)
その後、担任の先生が具体的にHRで話をしてくれたようで(私からは学校へな何も言ってないのですが)、その後はなくなりました。

男子はあまりにも少ないので、グループを作るということはなく、お弁当もみんな個々の机で食べているみたい。
話をしたりは普通にしていて、小さなトラブルはあるもののまあ順調。(元気な男子が一人いるので息子もいろいろ言われたりちょっかいをだされたりはありますが、その子はクラスのみんなに同じことをしている・・・)

2週間前に、クラスの女子が
「○○小学校(息子の小学校)に親戚が行ってるんだけど、おまめくんは支援級だったって本当?」
と、わりと大きめの声で言われたことがあったようでした。
すると周りの女子が反応して、みんな集まってきて「ほんと?ほんと?」などとちょっとした騒ぎになってしまったようです。
その時一人の女子が、
「そんなことで差別したりはしない!」
と大きな声で言ったようで(中1、言い方がストレートですね!)
みんな「そうだよねえ・・」という雰囲気になって、その騒ぎは収まったとのことでした。

その後、周りの態度が変わった?(優しくなったとか、冷たくなったとか)聞いてみたら、「何も変わってない」と息子。
そんなもんなのね〜

支援級だったことは隠すことではないけど、わざわざ言うことでもないよ、と息子には言っていたのですが。
まあ、近所の学校なのでそんなこともあるでしょう。
その後みんなの態度が何も変わらなかったのならとりあえず安心しました。

女子とも世間話をしたり、怖い話をしたり、男子ともマインクラフトの話をしたりとそれなりに交流をしているようだし、人数が少ないのでよく先輩の名前が出てきます。
休み時間は先輩と話をすることもあるようだし、趣味の話(ゴジラのことなど)を先生と話すこともあるようです。

小さなトラブルはあるのだろうけど、まあ楽しく過ごしているのではないでしょうか。
家に帰ると、学校での出来事を細かく話してくれるので、私もクラスメイトの名前をほとんど覚えました(笑)
女子は最初は全員で机をくっつけてお弁当を食べていたようですが、今は複数のグループに分かれているとのこと。
息子曰く、おとなしい子、元気のいい子でそれぞれグループを作っている、似たようなタイプの子で集まるんだね〜とのこと。よく観察しているね。(小学校は女子が少なすぎて、グループを作るほどではなかったので新鮮なのかもしれません)

部活は最初は色々教えてもらえてたけど、最近は先輩はeスポーツに夢中で、プログラミングはほぼしていないみたい。
昨日は一人でエクセルで表を作って遊んだ(?)らしいけど、部室(情報室)に行ってパソコンを触るのが楽しいようなので、好きで行ってるならいいのかな。

とりあえずこんな感じで過ごしているようです。

体育祭無事終了

かなり暑い真夏日の中、無事中学の体育祭が終了しました。

小学校の時は運動会が1番苦手なイベントで、運動会前から調子を崩したり行き渋りが出てきたりしていたので、ずいぶん進歩したものだと思います。

小学校の運動会
1年生 不参加
2〜5年 部分参加(開会式は出ず、競技は選んで参加。合間には支援級の教室で待機など)
6年生 全体練習も、運動会当日も全て参加
という流れで来ていたので、中学校もまあ大丈夫なのではと思っていました。

おそらく一般的な中学校の運動会に比べると練習は少なく、当日もゆるい雰囲気なのではないかと思います。

息子が参加したのは
準備体操(全員)
玉入れ(中学生全員)
大玉ころがし(中学生全員)
障害物3人4脚
綱引き(中高全員)
フォークダンス(中高全員)
というもの。

フォークダンス、今時珍しくないでしょうか?
これまで踊り系は参加を拒んでいた息子ですが、今回は出てみるとのこと。
そんなこんなで全部参加し、最後の片付けまでして係の仕事もして、帰宅は16時。
よく頑張りました。

玉入れも大玉ころがしも笑顔で参加しておりました。
障害物3人4脚は、お玉でピンポン球を運ぶのを落とし、転び、3人での前転もなんだかうまく行かずで終わった後はちょっと元気がなさそうにはしてました。
終わった後高校生のお兄さんがどこかに連れて行っていたので、怪我でもしたかな?と思って話しかけてみると・・

「ちょっと擦りむいたんで水で流しておきました〜」とお兄さん。
2人の高校生に肘の砂を水で流してもらってました。救護室に行くほどではなく。
先輩もよく様子を見てくれているのだなあ。

今日は疲れたので家でのんびりしてます。
息子はアイパッドで手書きのアニメーションを鋭意製作中。
20190526.jpg

私よりは元気なようです。(私は何もしてないのに疲れた・・)



体育祭の練習

昨日の昼ごろ、学校の先生からお電話が・・。
「息子くんが朝「疲れた・・」と言って登校してきました。午後から3コマ連続体育祭の練習なのですが、お休みを提案したほうがよさそうですか?本人に聞く前に、小学校でどのようにしていたかお母さんに聞こうと思いまして・・」
とのこと。

先生、気にかけてくださっているのだなあ。ありがたい。

私からは、「確かに5年生まで練習はお休みをしていましたが、6年生では全部参加していました。本人が「休みたい」と言っていなければ大丈夫かと思います。家でも元気で変わった様子もありません。朝もいつもと変わりませんでした。」

とお伝えし、先生も安心されたようでした。

帰ってきた息子に、「朝疲れてたの?」と聞いてみたら、
「自分がゴジラになりきっていて、肩をキングギドラに噛まれて(噛まれた想像をして)、だんだん力が抜けていったんだよ〜」とな・・。
なんじゃそりゃ〜〜
先生、すみません。。。
まあ、学校で何かあったわけではなくてよかったです。

体育祭の練習も問題なく参加できたようで。小学校より厳しくなかったんだって。(小学校が厳しすぎるんですよね)

小学校に行き始めた2年生の運動会の練習の自分のブログをちょっと読み返してみました。
運動会に向けて

保育園から1年で最も苦手な行事だった運動会。
2年生の時は運動会前にすでに大荒れだったのか。
5年生までは部分参加をしてきたのですが、6年生で「練習〜開会式〜競技〜係の仕事〜閉会式」まで全て参加をしました。
「参加できるように」ということを目標にはしなかったので、結果的に無理をしないようにしていったら参加できるようになっていた、というわけなのですが。

通っている中学校は少人数の学校なので、競技は学年別のものはなく、全て縦割り。
昼休みには中学生の先輩と3人4脚の練習をしているようです。(昨日やっとまともに進めたそう)
中学では、運動会の出場種目決めも先輩との縦割りグループで決めて、委員会やクラブ単位で役割もあるようですが、今のところ不調は訴えていないので、大丈夫なんだろうと思っています。

今週はクラブは(情報科学部ですが)クラブ対抗リレーの被り物の制作をしていたようです。
映画泥棒のカメラ男の被り物だって(笑)
色ぬりなどを手伝ったと言っていました。
ちなみに息子は、クラブ内で先輩には「少年」と呼ばれているようです。(ちびっこ1人だもんね)

先生もしっかり気にかけてくださっていることもありがたいし、息子は今の所楽しく通っているようなので、特に心配することもなさそうです。
暑くなりそうですが、明日の体育祭が楽しみです。

自己管理能力は・・?

中学生になって1ヶ月半の息子。
支援なしで頑張っています。
ゴールデンウイークに入る前に一度電話をいただいた後は、学校からの連絡は特になし。
それなりになんとかなっているのでしょう。

時間割の変更などが口頭で伝えられたことがあったようなのですが、クラスで一人だけ聞き漏らしていて、習字の筆を忘れた日がありました。
怒られたりはせず、貸していただけたとのこと。
社会のノートが行方不明で(家にはないのだけど、学校にもないという)、買い直しました。。。(これまでに書いたものは分からなくなってしまったけど、大したことは板書できてないので問題もないかなあ)
書道の道具やアルトリコーダーは学校に置いておけばいいと言ってはいるのですが、置いてくるのを忘れてサブバッグに入ってます。
なので、いつでもサブバッグに入れておくことにしました。(時間割変更にも対応できるし)

相変わらず使わない教科書も持ち帰っているのでカバンは軽くなりませんが、仕方ない。
(かと思えば宿題に出たものは学校に置いてたりする・・・)

体操服は、授業参観の時に持ち帰ることができ、その後はやはりサブバッグにいつも入れておく、が習慣になりました。
なので持ち帰り忘れは心配なくなりました。(サブバッグがパンパンですが)

学校の人間関係は、クラスの男子で苦手なタイプのお子さんがいるようです。
息子に対してだけではなく、みんなに乱暴ということで気にはしていません。
距離をとる、という対応が難しいくらい少人数なので、今後どうなるかはまだ未知数ですが、今は他には困ったことはないと言っているので、大丈夫なのかな〜?と思っています。

少なくとも、腹痛を訴えたり朝疲れて行き渋ったりは今のところないです。
5月下旬、概ね順調かと思います。