FC2ブログ

カンクローの日常

ブログの中では、お出かけのカンクローのことばかり書いていたのですが、日常のことも書き残していけたらと思います。
昨年6月のキャンプの記事から登場していなかったカンクローですが、家で穏やかに過ごしていました。

後ろ足に麻痺が出たのが一昨年の6月。7月に車椅子を作り、はっきりとした原因は分からなかったけど、少しダイエットをしたら全く歩けなかった状態から改善し、家の中では普通に生活ができるまでになりました。

昨年の4月に大量の鼻血を出し、精密検査の結果、多発性骨髄腫という病気が分かりました。足の麻痺もおそらくその病気のせいだと。
少量の抗がん剤を2ヶ月服用するメトローム療法(この病気は75%で効果があると言われています)を行い、7月末に寛解しました。

昨年夏から最近までの日常です。

IMG_3131_201909121705427e2.jpg
散歩の時だけ使っていた車椅子。嬉しそうです。

IMG_3138_20190912171145bef.jpg
昨年秋、インディジョーンズにハマっていた息子の周りで遊ぶカンクロー。

IMG_3129_2019091217114761c.jpg
冬。
またたくさん鼻血が出てしまうようになり、再発が分かりました。
白血球が下がり、感染症に注意ということでドライブで公園は控えるようにしていました。
薬の効果も出ず、今後は対処療法でいきましょうということになりました。
食欲が落ちたら来てくださいということでしたが、食欲は全く落ちることなく、よく食べていました。
近所へのお散歩は行っていました。
鼻血以外は年なりに元気そう、という感じで過ごしていました。

IMG_3142_20190912170711383.jpg
鳥を遊ばせるのは蚊帳の中。蚊帳をいつも優しい顔で覗き込んでいたカンクローでした。

倒れてしまうまでは、家の中でのんびりと穏やかに過ごしていたと思います。
慢性的な貧血で体は重かったんだと思いますが、病院の先生曰く、少しずつ下がっているからそこまで辛いとは思っていないと思うよ、とのことでした。

ここ1年くらいはずっと夜間の徘徊がありました。
また、ここ2ヶ月くらいはトイレを家のいろいろなところでするようになっていました。
認知症かなと思っていましたが、脳腫瘍の影響があったのかもしれません。検査をしなかったので結局は分からないのですけど。。

後ろ足が立たなくなってからの10日間のことはまだ書けそうにはありませんが、昨年病名が判明した後からブログに書いていなかった1年間も、闘病の日々という感じではなく、毎日カンクローと共に普通の日常を過ごしていました。

これまで過去に戻りたいと思ったことなんて一度もなかったけれど、叶うなら1ヶ月だけ時間を戻してほしい。
叶うわけがないのは分かっているけれど、もう1度、この1ヶ月をやり直せたらと、何度も何度も思ってしまいます。
日常の中にいる時は、当たり前のことのようでその幸せがどれほど貴重なものだったか。
失って初めて、どれだけの愛をもらっていたのかに気がつくなんて、遅いですね。
家の中のどこにいても、何をしていても、振り向いてもそこにカンクローがいない現実に打ちのめされている毎日です。

カンクローに会えて、一緒に暮らせて、私たち家族は本当に幸せでした。
14年間、幸せな夢を見ていたのかもしれないな、と思います。

カンクロー

しばらくカンクローの記事を書いていなかったようです。
1年くらい書いていなかったけど、それなりに元気に過ごしていました。
日常の日々をもっと書いておけばよかった。。。

先日、カンクローが虹の橋に旅立ってしまいました。
ずっと闘病生活というわけではなく、亡くなる10日くらい前から後ろ足が立たなくなり、介護生活になりました。
眠ることが多くなり、食も少しずつ細くはなっていましたが、亡くなる2日前も起きている時間は家の中で車椅子で歩いていたし、亡くなるその日も少しですが食べていました。直前にお水も飲みました。

20190907.jpg
2日前の写真です。
午前、午後と家の中で歩きました。

夏で暑くてしばらくドライブに行っていなかったから、涼しくなったら(今日の予定でした)日帰りでお山の公園にでも行ってカートで日向ぼっこさせたいな、と思っていたくらいです。
泊まりのキャンプは夜間が心配で確かに行ける状態ではなかったとは思いますが、日帰りならドライブに行けそうなくらいの様子でした。
今週はネットで頼んでいた犬の介護グッズがいろいろ届いてしまいます。
介護はこれから、と思っていたとことでした。

多発性骨髄腫のほうは、2回目の抗がん剤治療であまり効果が見られなくなってしまったので、積極的治療は難しくなりましたが、10日前の血液検査では現状維持(半年前の悪い状態を維持しているという感じ)でした。時々びっくりするくらいの鼻血を出していましたが、鼻血自体は痛みもないようで、鼻血にびっくりした様子はありましたが苦しい様子はありませんでした。
ただ、10日前に調子を崩した様子だと、脳腫瘍が疑われるということでした。(体の傾き、眼振)
でもこの体で全身麻酔には耐えられないということでMRI検査は受けられず。

最後に一緒に大好きだった公園に連れて行きたかった。
もっと美味しいものを食べさせてあげればよかった。
できなかったことばかりを悔やむ日々です。

介護をしている時も、抱えるといつも少し尻尾を振ってくれ、息子がカンクローの毛布を広げて準備しているのを見ただけでも少し尻尾を振ってくれて、お水やご飯をあげている時にも少し尻尾を振ってくれ、最後、痙攣を起こす直前に、抱っこしていた私にわずかに尻尾を振ってくれたカンクロー。
最後まで優しいわんこでした。

今はただただ喪失感しかありませんが、少し落ち着いたらカンクローの写真を整理して、思い出をこのブログにも綴っていけたらいいなと思います。

カンクローにもう一回会いたいです。寂しいです。


梅雨前の快晴キャンプ

梅雨前の快晴の土日に、家の近くのキャンプ嬢に行ってきました。
カンクローも調子がよく、お山のキャンプ嬢をのんびり楽しんでいました!

34266540_1543428479101342_6474429105822498816_n.jpg


バドミントンやキャッチボール、水鉄砲でお父さんと遊んだおまめくん。
家族だけのキャンプだとお友達がいないのが残念だけど、お父さんがたくさん遊んでくれるので楽しめました。

34160877_1543428519101338_3275416865374994432_n.jpg
34188195_1543428492434674_7291725948771106816_n.jpg


夕食はダッチオーブンでピザに。
ピザ生地は市販のものを買って、トッピングだけだったけど、外で食べる熱々のピザは美味しかったです。

34190053_1543428489101341_4779899366057967616_n.jpg

34176599_1543428542434669_3924616522378510336_n.jpg

夜は焚き火に花火と盛りだくさん。翌朝もキャッチボールとバドミントンでたくさん遊んでから帰りました。
何よりお天気が良いのが気持ちよくて楽しいキャンプでした。
なかなかこんなに爽やかでいいお天気のキャンプはないな〜というくらい。

そうそう、キャンプ場についてすぐ、おまめくんがマムシを発見。(キャンプサイト内ではないところ)
少し離れたところからしばし観察。
へびはゆっくり離れて行っていました。
しばらくして「へびさんいるよ〜」と隣のキャンプサイトのお母さんの声。小さな子どもたちが覗き込んでいる。
念のため「これマムシだから触らない方がいいですよ」と声をかけました。
「このへびさん、毒があるんだって〜」と、しばし覗き込んでいて、バイバーイ、と手を振る小さな子たち。
マムシにしてみたらドキドキしたことでしょう。

薮の中を歩かない、暗い道は足元を照らす、歩く時や遊ぶ時も足元や手元に注意する、ということを気にしておくことは大事だな〜。でも、おとなしいへびなので見晴らしの良い場所で発見したくらいでは必要以上に怖がることもないかなと思います。

これまでにキャンプ場や川遊び先でヘビはたくさん見ていて、マムシは2度目。でも前回は、隙間にいてほぼ顔しか見ることができなかったので、へびが好きなおまめくんは、マムシの全体像を見ることができて嬉しかったようでした。
マムシやヤマカガシ(毒あり)、アオダイショウ(毒なし)、ヒバカリ(毒なし)は、遭遇することがあるので見分けられるようになりました!
おまめくんはヒバカリが一番可愛いそうです。

カンクローのこと

1年前に後ろ足を悪くして車椅子を作ったカンクロー。
検査をしたけどはっきりした原因は分からず、変形性脊椎症という仮診断でした。(年齢によって骨の変形が起こり神経が麻痺しているのでは、と)
全身麻酔をして大学病院でMRIを撮るなどは希望しなかったので、調子の悪い時は車椅子やカートを使って、歩ける時は歩いてお散歩に行ったりお出かけをしたりして、それなりに元気に過ごしてきました。

体重が増えていたので、フードをコントロールして適正体重までダイエットして(13kg)、後ろ足は時々よろよろするけど寝たきりになることはなく、車椅子を使うこともほとんどなく、ゆっくりですが毎日自力でお散歩できるくらいにはなっていました。

昔に比べたら走り回ったりはしないけど、ご飯もよく食べて特に心配はしていなかった最近だったのですが、4月末に大量の鼻血を出したのでした。

病院で凝固系の血液検査をしたところ、色々と数値がおかしいとのこと。
外部に検査を出し、症状や血液検査の数値から、
「多発生骨髄腫」
の疑いがあるという話でした。
この病気はとても珍しく、四つの項目のうち二つに当てはまると確定診断となるのですが、レントゲンではパンチアウトという穴の空いたような画像は確認されず(とはいえ、全身を撮らないと分からないようですので、どこかの箇所が起こっている可能性はありますが)、全身麻酔で骨髄検査は負担がキツすぎる。
尿検査は、特殊な検査なので受けてくれる検査機関がないとのことで、血液検査での仮診断での治療ということになったのでした。
(その後、人間の検査機関で尿検査をしてくれるところがみつかったとのことでしたが、先行して治療を進めることにしたので尿検査はしませんでした)

治療法は、アルケランという抗がん剤と、プレトロニゾンというステロイド剤の2種類の薬の服用という、一つだけ。
他の治療法はなく、選択肢はないので、治療をするかしないかという判断でした。

抗がん剤と聞くと副作用が怖かったのですが、少量を長期間服用するという療法で副作用はほぼでないこと、副作用が出たらやめればいいとのことで、治療をする決断に至ったわけです。

昨日、10日間の服用が終わり血液検査をしたところ、少しずつですがいろいろとおかしかった数値が回復をしていました。
薬が効いたようです。
今日からは、半量を2ヶ月服用します。
副作用はなく、様子は少し元気になったかな?という感じだったため、服用を決めてよかったなと思っています。

血液のガンの一種ですが、進行は緩やかで悪性度(転移など)は低いものとのこと。
思えは1年前の足の神経麻痺の時から発症していた可能性は高いのですが、この時点では血液検査で大きな異常はなく、レントゲンでのパンチアウトもなく、この珍しい病気を疑って特殊な血液検査をするという選択肢はなかっただろうと思っています。
もっと早く気づいていればと思わないこともないのですが、鼻血が出なければ特殊な検査はやっぱりしていなかっただろうと思うので、今の時点でも気がついて治療を開始できてよかったと思うべきなのだろうなと思います。

病名を知らされた時は毎日家族で泣き暮らしていましたが、薬の効果があったということで落ち着きを取り戻しつつある我が家です。

カンクローは、ゆっくりだけど毎日お散歩も行って、痛がったり苦しんだりしている様子もなく、のんびり寝たり起きたりで過ごしています。
2ヶ月の治療で、治ってくれるといいな。

鼻血はその後治って、いつも通りの毎日を過ごしています^^
IMG_1373.jpg



愛媛キャンプ ワンコ編

10月の3連休は晴天に恵まれて行楽日和でしたねー(o^^o)
2泊3日はかないませんでしたが、一泊で愛媛にある「国民休暇村瀬戸内東予キャンプ場」に行ってきました。
ここは我が家が初めてキャンプをした場所でもあります。
その時は結構な雨に降られ、初めてでいきなりの雨撤収だったのですが、テントで寝た楽しさのほうが上回っていたんだなー。
ちなみに、初めてのキャンプの時は夕食は休暇村のレストランにて。
メインはテント泊でした。
その時の我が家の印象は、「こればちょっとした別荘ではないかー!!ワクワク♪」といった感じで。
そんなこんなで、2年前から年に10泊くらいでキャンプに行くことになった我が家なのです。
まあ結局のところ、犬がいて旅行を諦めていたのだけど、テント泊なら気兼ねなく犬と泊まれることに気がついて(遅いけど)、観光を兼ねたキャンプもちょこちょこ楽しんでいるのです。
今回は私とカンクローは昼間はキャンプ場でお留守番。おまめくんとお父さんは今治城などの観光を楽しんでましたよ♪

何種類か持っているテントですが、今回は寒い時期にしか使えないケシュアのトンネルテントにしました。(これ、1万4000円くらいで買えて、簡単に立てられて広いという優れもの。ただし夏は暑くて使えない)

ツールームで、リビングスペースにはカンクローのベッドも入ります。


お父さんとおまめくんが観光している間、私とカンクローでのんびりと。
カンクローはずっと足の調子が良くて、海辺のお散歩も楽しみました🐕

夕食はお鍋。そんなに寒くない、というよりは暑かったんですが…。

定番の焚き火も楽しく。

海に映る月の光がとっても美しくて、写真ではこの程度なんだけど本当に綺麗で、家族でしばらく見とれておりました。
実はこのキャンプ場からは海から昇る朝日が見られるので楽しみにしていたのですが、あいにく夜明けは厚い雲に覆われていて見られませんでした。
昇る月が見られたから良しとしましょう。

帰りはしまなみ海道のサービスエリアでレモンラーメンを🍜
テラス席があると犬連れにはありがたいです。
ということで、今週末は雨みたいなので家でのんびりの予定です。
しばらく行事が続いて10月は連休がないのでキャンプは11月までおあずけですが、今回良いお天気に恵まれてリフレッシュできました♪
カンクローも大満足だったようです🐶