FC2ブログ

制服の採寸

先日、中学の制服の採寸に行ってきました。
いよいよ中学生という実感が湧いてきます!

おまめくんはちっちゃくて、140cm....。
お店の方のアドバイスで、155cmの制服を購入することになりました。
袖と裾をあげればそれなりには着れますが、やはりブカブカ〜。
でも、155cmを買っておけば、3年生で160cmになってもギリギリ着られますよ、150cmだったら中2位で買い替えることになりますよ、ということだったので。

シャツは3Sという一番小さいサイズにして、体操服は150cmを購入することに。
背が低いだけではなく、とにかく細いのです。
なので、全体的にブカブカで、ちっちゃい中学生です。

お店の店員さんの息子さんも、143cmで入学したんだそうで、なんと3年間で30cm伸びたらしい。
う〜ん、うちの子にはあまり想像できないけど。
でも、6月からは夏服だし、秋になったらブカブカのジャケットもそれなりになってくるから、2ヶ月間の我慢ですよ〜と言われました。

中学1年生なんてみんなそんな感じですよ〜と言われていたし、この制服で春から中学校に通ってもらいます。



春のお別れと春休み

5年間支援級でお世話になった先生が異動となりました。
いつかこの日が来るとは分かってはいたけれど、寂しくて寂しくて・・・
送別式まで毎日泣いていた私・・。

おまめくんんも、毎日「さみしい、さみしい」と声に出していました。
でも、以前は気持ちを言葉にすることができなかったので、こうして言葉にできていることは大きな成長なのだな、と思います。

最後の日、花束を渡したのはおまめくん。
1年生の時、学校に行けなかったおまめくんも、こんな風に花束を渡せるくらいになったのだなあ。
4年生の時は、支援級がおまめくん1人だったのでマンツーマンでした。
本当に1人の先生に長い間お世話になるということはなかなかないことで、おかげでここまで落ち着いて学校で過ごすことができたので、先生には感謝しかありません。

最後の最後まで別れがたく、私はずっと泣いていましたが、1週間経って少し癒えてきたかなあと・・。
おまめくんんも、しばらくは気持ちの整理がつけられなかったみたいですが、春休みにいろいろ外に出かけて楽しく過ごしているうちに、気持ちの整理もつけることができてきたかもしれません。

おまめくんとは、一旦小学校を卒業したようなものだね、と話しています。
小学校と中学校の間の1年間、新たに入学して1年間過ごす気持ちで、1年間を過ごしていこうと。

新学期から毎日学校いけるかどうか分からない、という不安な言葉をもらしていたおまめくんではありますが、きっと少しずつ新しい生活にも慣れてくれるのではないかと思います。

春は別れの季節ですが、今回の別れはとても大きなものでした。

4月からどんな学校生活になるのかな?
救いなのは、春休み毎日お天気がいいことかな^^
桜も満開!!
しっかり春のエネルギーをもらって、4月から新しいスタートを切っていきたいと思います。