FC2ブログ

近況報告

コメントいただきありがとうございました。
落ち着いたら改めてお返事させてくださいね。

取り急ぎ近況。
道路は通り始め、物流が流れました。
食べ物もガソリンも、きっともうすぐ整うのではないでしょうか。
我が家の食料と車のガソリンが尽きる頃にはスーパーに品物が並ぶと思います。
道路が繋がったので、支援物資が続々と。全国の皆さん、昨日少し大きな道路が通っただけだというのに(メインの国道はまだ)、その日のうちにたくさんの荷物が入ってきて驚きました。ありがとうございます。

断水はまだ続いています。
暑さとの戦いですねー。
でも、うちは電気は通っているのでありがたい。
島の方では停電も続いているようなので、本当に心配です。

水についてはアイデアをいろいろラインで共有したりしてます。
我が家は釣り用の紐つきバケツがあるので、それで水路の水をくむことができるので、トイレの水には困りません。
ご近所さんも使えるよう、玄関の前に置いて、ラインで情報提供。
他にも井戸水のあるお宅が近所にお水をどうぞ、外にある洗濯機使ってください、って言ったり、本当に助け合ってます。
自衛隊も船のお風呂を提供してくれたり(土地柄自衛隊の船が近くにあるからか?)、自衛隊が移動お風呂を設置してくれたり。
市の給水車では足りないところでは自衛隊の給水車も出ていたり。
今回ほど、自衛隊のありがたさを感じたことはありません。

道路も日々復旧していて、おそらく水道も全力で原因を探してくれていると思う。
(実は、一部地域だけ昨日水が通ったのですが、一瞬で断水。また調査開始・・)
見えないところで復旧に向けて頑張ってくれている皆さんに、心から頭の下がる思いです。

私はというと、生活は困っていないけど、仕事柄災害ボランティアセンターの運営側の立場なので、フル回転。
学校もない息子がおばあちゃんちでずっと留守番という。。。この部分が一番辛いと言えば辛い。
でも、たくさんのボランティアの方の力と、行政、自衛隊、全国からの支援で、忙しいながらも復興の兆しを感じて、とてもありがたい気持ちでいっぱいです。

たった数日で道路が復旧していることに驚いていますが、それでも、多くの土砂に埋もれてしまった地域の状況を見ると、本当に胸が苦しいです。
私がお気に入りだった綺麗な海のある島も、本当にひどい状況で・・・言葉になりません。
民家や大きな道路以外の土砂の撤去は気が遠くなるほどにまだまだなのだろうと思います。自分ができることを、精一杯頑張っていかなければいけないな、と改めて感じています。

気にかけていただき、また、気がめいっている時のブログを読んでいただき(愚痴を聞いてもらった感じ)、ありがとうございました。
おうちの土砂の撤去、独居の方への水の運搬はボランティアの出番なので、私の忙しさはしばらく続きそうですが、元気にしております。

まだ、あの大雨から1週間も経っていないなんて。もう何週間も前の出来事のような気がしていたのに。
たった1日で、日常がすっかり変わってしまったので。
時間の流れの感覚はまだ戻っていませんね。
水道から水が出たら、間違いなく号泣します!!

今回の教訓その2
断水のとき、トイレの水が一番困ります。
今回は学校のプールの水を開放してくださいましたが、入れ物がなくて困っている方続出。
お風呂にためた水も3日くらいの断水なら持つけど、それ以上は厳しいですよね。
我が家は家の前の水路の水から組んでいるので大丈夫ですが、水をいれられるポリタンクを1つか2つ常備しておくと良いです。
断水しちゃうと売り切れて手に入らないので。

ついでに
前回SNSは役に立つと書きましたが、ツイッターはデマが多いです。ツイッターからは情報を得ない方がいいと思います。

7月6日の出来事

この日は朝から何だか不穏な空気が流れているような気がしてました。
気持ち悪い空気というか・・。うまく言えないけど、朝から気持ちがザワザワしていました。

早朝から大雨警報のメール。
続いて学校、休校のメール。
テレビでは各地での大雨情報。
続いてオウム関連の死刑執行ニュース。
その後3つの県で特別大雨警戒警報が出て。
近所ではサイレンや警報アラーム、聞き取れない町内放送がひっきりなしに鳴り響いて。
テレビは情報が錯綜していて。
ついには自分たちの地域に特別大雨警戒警報が出ました。

これは全部2日前の金曜日の出来事なんだけど、随分前の出来事みたいだなあ。
あまりに眠れないのでブログを書いてますが、書くくらいの元気はあるということです(笑)
我が家は家も、人も、無事でした。

私たちの住んでいる町は、アニメ映画「この世界の片隅に」の舞台にもなった、海に囲まれた町です。
広島県の各地で被害が大きいので、ことの深刻さがいまいち分かっていなかったけど、私たちの町は、陸の孤島状態になってしまいました。
各地で大規模、小規模の土砂崩れが一斉に起こり、信じられないことに全ての陸路が断たれてしまったのです。
有料道路も、国道も、県道も、市道も。
JRの線路も壊滅的で、復旧のめどはたってなくて。

続く断水。
これも、当初3日くらいのものだろうという噂でしたが、源流の大きな川からの流れが原因不明で止まったかららしいので、原因が未だわからないので復旧も未定。続々広島県内では断水地域が増えていっていてる状況。
私たちの町は、一部を除いて全て断水。水の配給は6時間くらい並んでるらしい。我が家は雨水を貯めてトイレに使ってます。

当然スーパーからはまず水がなくなり、生鮮食品がなくなり、続いて冷凍食品がなくなり。
レストランの入り口には、「食べ物はありません」の貼り紙で飲み物を提供しているお店が数件、あとは閉店。
今日はとうとうガソリンが町から消えようとしている。

まさか、30万人の街が丸ごと取り残されるなんて、想像もしていませんでした。
物流が止まっているので、県外の姉や隣町に住む知人が食料を送りたい、持っていきたいと言ってくれてるけど、道がないから無理なのです。

今の時代で明日の食べ物を心配する日が来るなんてね。
今、息子にお腹いっぱい食事をさせて上げられないのが一番辛いかな。水は我慢せず飲むんだよ、とは言ってるけど、私が我慢しているから、倒れちゃいけないしバランスが難しですね。
家にあるものであと3日くらいは食料や飲み水は持つと思うんだけど、道路の復旧が遅れたら??ガソリンが尽きたら??お店には食べ物が売ってないし、車がないと水どうやって取りに行けばいいんだろう??
私もだけど、こんな不安が、市民全体に広がってきているのではないのだろうか?

今日スーパーで顔を合わせたおばあちゃんが、「子ども病気にさせないようにね、お母さんもね。頑張ろうね」と声をかけてくださった。その方は買い占めたりしてなくて、1日分の何かを買っていらっしゃった。(私も買い占めができないタイプ)
そう言えば、私が備蓄食料ほとんどない(買い占めもしなかった)、サトウのご飯が4パックあるだけ〜って笑って言ったら、ご近所の方がパンを焼いて持ってきてくださって、涙出ました。(お礼にスイカを持っていきました)
息子は昨日、エノコロ草とタンポポをとってきて、
「これを天ぷらにしたら大丈夫だよ〜」と励ましてくれた。ありがとね。
リアル「すずさん」だわ。

食べ物やガソリンが少しずつなくなっていって、水は出なくて、出る目処もたたなくて、小学校は1週間の休校が決まり、テレビでは被害状況が把握できなくて、Facebookで送られてきた画像にショックを隠せなくて。

でも、そこにはやっぱり日常があって、楽しい話もするし、生きるために知恵をしぼる。姪っ子は、給水所に通うの楽しいよ〜っていってたし。
姪っ子家族、一家全員の携帯も固定電話もネットも繋がらなくて完全なる情報難民。だから給水が唯一の楽しみって。
お米が炊けないしレトルトご飯もない我が家だけど、ホットケーキミックスはあって。
牛乳は手に入らなかったけど、豆乳なら手に入ったので、明日の朝ごはんは豆乳ホットケーキ♪フルーツもあるし、多分いつもの朝食より豪華(笑)
やっぱりすずさんみたい。困難な状況だけど、そこには悲惨な毎日だけじゃなくて、楽しい日々もあるのだ。工夫して、笑って、不安を分けあって、助け合うのですよね。

このブログで書いてきていた、シーカヤックの島も、キャンプの山も、全部土砂で道が埋まりました。キャンプ場もどうなってるのか状況が見えない。
今回の災害は、土日にかかってしまったからなのか、この状況がほぼ報道されておりません。
しかし、私が中で感じるに、これは相当な規模の災害です。
私たちの街の周辺地域の甚大な被害、そして復旧の目処が立たない大規模な断水。さらに私たちの市内では、甚大な被害と地域のあちこちでおこっている土砂災害、街の中での交通機関のマヒ、さらには周辺道路が遮断され、まちごと孤立。輪をかけて物流が止まるという。
もっと声を大にして、「助けて!」て言わないといけないような気がしてきました。
きっとメイン道路は最優先で復旧作業されてるとは思うのですけど。。


幸い、息子は元気です。
ちょっとテンションが高いのできっと不安なのだと思うけど、思ったより落ち着いています。


さて、今回の教訓。
ある程度の水、冷凍食品なんかは常に多めに持つ癖をつけたほうがいい。(個人で3日は備蓄する)
買い占めはNG。
今回、赤ちゃん用の水まで買い占められてしまっていました。
みんなのことを、ちゃんと考えよう。

今回の電波障害について。
原因不明の電波障害。私たちの住んでいる市街地のみにおこってます。
固定電話、家族全員の携帯、インターネットを全て同じ会社にしていた人は、完全に断たれました。

我が家はたまたま、夫婦で違う会社の携帯、自宅電話も通常のNTT、ネットも別会社だったので、一時的に夫の携帯が止まりましたが、Wi-FiがいきてたのでSNSで情報やり取りできました。
家族で契約会社を分けておく、これ結構重要かも。

あとは、SNSはやっぱり役に立ちます。
ラインでもfacebookでもツイッターでも、何かに登録しておくと本当に便利です。気持ちの支えにもなります。

まだ渦中ですが、乗り越えたらまたブログ書きます。
それまで記事の更新はしばらくお休みします!(でもコメントは読ませていただきます^^)

サンタの正体

もうすぐクリスマス。

毎年この時期にはサンタさんからのプレゼントの話題になるのですけど。
先日、私と2人の時に、おまめくんが話をしてくれました。

images.jpeg

「サンタの正体がわかった気がするんだよ。きっと両親だね」と。
私が、学校でそんな話題になったの?と聞いたら、自分で考えたとのこと。

おまめくんは、
「でもね、サンタの正体が分かってすごく幸せだったんだよ。自分が親になったとき、子どもにプレゼントをあげてるところを想像したらね、すごく幸せな気持ちになったんだよ。自分がサンタになれるってことなんだよ。だから正体がわかって嬉しかったよ。」
と言っていました。

私は、
「そっか、おまめくんはそう思うんだね」
という答えにとどめておきました。

その後、おまめくんはその話はしていません。その1度だけでした。

おまめくんの寝ている時にお父さんにその話はしておいたんですが、その話題には触れないまま、引き続きサンタさんとして枕元にプレゼントを置くことに決めた我が家です(^^)

私は中学1年生のときまで信じていて、クリスマス前に押入れにプレゼントを見つけてショックだったのを覚えてます(笑)見つけてなければいつまで信じてたんだろう。

今回のことでおまめくんの感じ方が素敵だな、と思ったのは、
「サンタはいない」と言わなかったこと。
あくまでも「サンタの正体」なんだよね。
サンタクロースの代わりにプレゼントを届ける人ってことなんだよね。
とても心あたたまるエピソードでした。

今年も子どもたちのもとに素敵なサンタさんが来ますように♪
クリスマスは毎年特別な気持ちになれる日で、今からワクワクしています。

10歳になりました

おまめくん、先日10歳の誕生日を迎えました。
ついこの間生まれたような気がするのに、もう10歳です。
小学校生活も残り2年。この4月からは5年生です!!

2017116.jpg

誕生日の次の日、私たちの住んでいる地域には珍しく雪が積もりました。
30年に1度くらいの大雪だったようです。

20171162.jpg
20171163.jpg
20171164.jpg

午前中、2時間くらいの雪遊び。
お昼を食べて午後からも〜と思っていたら、あっという間に溶けてなくなってしまいました。
あれは夢だったんじゃないか??と思ってしまうくらい、昼すぎにはいつもの風景に戻っておりました。

つかの間の雪遊びをしっかり楽しめてよかったな。

4年生も残りわずかです。
3学期、しっかり楽しんでくれるといいと思います^^