FC2ブログ

期末テストの学習を見ていて思ったこと

明後日から期末テストです。
前回の中間では、自分でマインドマップ作成して私は特に内容を見たりはしなかったのですが、今回は時間があったので理科のワークを一緒にしていました。

今回の範囲は化学です。
中2の教科書の最初に載っている内容が範囲。
本人は化学は好きだと言っているのですが、どうしても覚えられないものがあり、何故なんだろうと気になりました。

鉄と硫黄の化合の問題で、うすい塩酸を加えると発生する気体がどうしても覚えられなかったのです。(水素と硫化水素)
3回くらい繰り返したけど、「あれ?なんだっけ?」となる。
鉄と硫黄の化合物である「硫化鉄」は答えられるし、熱する前と後で磁石にくっつくかというものも問題ない。
水素と硫化水素だけが覚えられない。

学校で実験もしたらしく、硫化水素が有毒であることも分かっていたし、臭かったことも覚えている。
危険なので換気をしっかりして、たくさん扇風機を回して実験をしたことも記憶に残っている。
もう一つの気体(水素)は匂いがしなかったことも覚えているらしい。
でも、何度聞いても「水素」と「硫化水素」が出てこない。

お父さんが隣で
「暗記できなくても理解していればできるものなのに。化学式見たら分かりそうなものだ。」
と言っていたので、ワークを見てみても、塩酸の化学式は書いてなかったんですよね。

「うすい塩酸」を加えて「水素」が出てくる部分が納得できてなかったのか!と思い、塩酸を調べると
「塩化水素」(HCl)の水溶液でした。塩化水素酸というらしい。「酸」は酸素の酸じゃなくて、酸性の酸。(これは常識なの?)

でも教科書には塩酸の説明は少なくともこの実験の中ではないようなので、どこから水素が出てくるか理解できず、覚えられなかったということかな・・?

で、ネットで調べて、塩酸は「塩化水素」(HCl)の水溶液らしいね〜と話をした後は、「水素」も「硫化水素」もすんなり答えられるようになっていました。

かけ算九九と同じで、ただ暗記するという行為が本当に苦手なのかあ、という不器用さが見えたことと、逆に言えば理解できれば覚えられるという部分も知ることができたので、今回は一緒にワークをしてみてよかったなと思いました。
それにしても、面白いくらい同じところでフリーズしていたので、分かりやすかったです。

今回のようなことは今後もたくさんあると思うので、今回のように「なぜ鉄に塩酸を加えたら水素が発生するのか?(酸なんだから酸素じゃないの?化学式はなんだろう、など。)」を意識的に疑問に思って(今回は多分無意識で自覚なし)、調べて納得することが自分でできるようになったらいいのだろうな。

模試の結果が返ってきた

昨日、懇談まで返却されないのでは?と書いていた夏休み明けにうけたベネッセの模試。
昨日突然返却されました。
なんかタイミングがよくわからないな。。。

やはりそんなに簡単に成績が伸びるということはなく、ただ、少しずつは上がっている感じでした。

国語は毎回安定して偏差値50くらい。

数学が、計算問題の間違いが減っていました。
基本計算が10問あって(簡単な体積を求める問題やグラフ読み取りも含む)、最初の純粋な計算問題は全部合っていて、体積はπをつけ忘れて❌。。。(計算は合っていた)、グラフが計算間違いをしていました。
10問中8問正解は今までで最高です。メガネやビジョントレーニング、計算練習の効果は少しはあったと思いたい。

その他時間が足りないのは相変わらずで、解答したものの中で間違っているものも3問くらいという感じでしたが、今回初めて偏差値54と、50を超えました。
中1の最初は偏差値33だったから。。。やはり少しずついろいろ改善できているのかな。そうだといいな。
スピードの改善はとても難しいので、まずは解答したものを間違えないという目標でと思います。

そして、英語はなんと。。。
「後でやろうと思って飛ばした問題をいくつかやり忘れた」とは言っていたのですが、だいたい2問くらいかなと言ってました。
これは昨年数検を受験した時にも同じことをしていました😭(数検は終わったら出ていいのですが、早く出てきたので「全部解いたんだね」と言ったら、「あ、飛ばした問題忘れてた!!)と言ってました。5級だから合格はできましたが、トホホです。)
英語は時間が足りないことはなくて時間が余っていたにも関わらず、飛ばした問題に戻らずボーッとしていたということです。
で、2問どころではなく7問もありました。。。
そもそも英語は問題を飛ばさず順番通りしたらいいと思います。
このあたり、いろいろと課題は盛りだくさんかと思います。
偏差値は57で、いつもと同じくらいでした。

中1春からの総合偏差値の推移は(中1春は国数の2教科、以降3教科。小数点四捨五入)

41(C1)→46(B2)→50 (B2) →53 (B1) →55(A3)

という感じです。
今後も、数学は地道に計算練習、応用問題へのチャレンジを継続して取り組んでいくようにしたらいいのかなと思っています。

あとは、テストに対する意識改革がまずは急務かもしれません。。。これはなかなか難しいのですが。。

成績の推移がよく分からない

夏くらいからメガネ導入とビジョントレーニング開始して、学習面などの経過を見ているのですが、学校から成績のフィードバックがなく、よく分からないなあという感じです。

8月末に受けた、学力推移調査(中高一貫校が受けるベネッセ模試)の結果も返ってこない、中間テストの順位などもない。
昨年度までは、懇談前に生徒に直接返していたのですが、前後期制から3学期制に変わったこともあり、全ての成績を学期末の懇談で返すことにしたそうで。
そういう意味で、夏以降の変化が目に見えてはよく分からない状況です。(中間テストは、テストの返却や平均点の開示はありました、順位などがないということ)

秋に受けたベネッセ模試の返却が12月末で、1月には次の模試なので、苦手を分析して対策など全くできませんー。
来年は外部模試なども少しだけ受けた方がいいのかなあ。

来週は期末テスト。
数学は図形の証明です。書く時間が足りないとか、字が読めず⭕️がもらえないとか、ありそう。
理解はできているみたいだけど、どうかなあ。

とりあえず12月末の懇談の成績を見て、それ以降の必要な学習を考えていこうと思っています。

英語が好きみたいです

英語の毎日のルーチン学習としては

朝 Tedを2本くらい見るのと、アプリのMikanで英単語(準2級をしている) 15分くらい
夕 英検ネットドリル準2級 15分くらい
夜 オンライン英会話 25分 英作文50字程度(5分から10分くらい)

という感じで、毎日だいたい1時間は学習しているような状況です。

ですが、それ以外にも、ネットサーフィンで見ているのは英語のサイトだったり(ジュラシックパーク 関連の映画記事やマインクラフト などのゲーム記事など)、YouTubeも英語のショートムービーを観たり(字幕などはない)、好きな映画(アベンジャーズシリーズやジュラシックパーク シリーズ)を英語で(字幕も英語か字幕なし)で観たりしているようでした。
映画は一人で留守番の時に観ているみたい。
あとは、マインクラフト の言語設定を英語にしていました。

英語が好きみたいで、いわゆる学習以外にも英語に触れているみたいなので、いろいろ吸収しているのだなあと思いました。

いつまで英語ブームが続くかはよく分からないけど、今はひたすらインプットするのがいいのかもしれませんね!!

漢字の確認

高校受験もないし、大学受験なんて先の今なので、ビジョントレーニングや計算トレーニングなどをじっくり取り組める時期かな、と思ってやっています。

改めて、漢字はどのくらい書けるのかなあ?と疑問に思い、小学生の漢字アプリで確認してみることにしました。

私の見た感じでは、小学校2年生の漢字くらいは書けるのかな、という感じだったのですが。

まだ2年生の途中くらいしか取り組んでいないけれど、2年生の漢字の書きも書けないものが多かったです。

例えば、
弟、妹、親、雲、春、夜、夏

などが書けませんした。
ひとまず3年生までの漢字を確認して、書けなかった漢字の抜き出しをして、少しずつ覚えるようにしてみたいと思います。
ただ、2年生までは付きっきりで漢字をしていたので(ホワイトボード、タブレット、漢字カード、ストーリー作り、どんぐり 倶楽部のIF法、漢字塗り絵等々)、いったんは覚えていたわけです。
その後、ザルのように覚えたものをどんどん忘れていくことに気がつき、漢字に膨大な時間を取るのをやめたわけです。

あれから6年たっているので、覚えたものも多少は定着するかもしれないのでやってみますが、こればかりに時間をかけることは避けたいなとは思います。

高校卒業までに4年生の漢字が書けるようになっているといいなあ、という漠然とした目標は持ちつつ、時間のある今の間に出来ることを増やしていきたいなと思っています。

プロフィール

かりんとう

Author:かりんとう
かりんとうです。
中学2年生の息子、夫、ワンコ、インコたちと暮らしです。
漢字が書けない、小学校の時に九九が覚えらなかった息子も今は中学生。最近は備忘録も兼ねて、息子の学習記録を中心に綴っています。

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム