FC2ブログ

おやつタイム

カンクローくんのおやつタイム。
最近ではおまめくんとのコミュミケーションタイムです^^

先日のおやつはミカン。

まずはオテ。
kan3.jpg

そしてマテ。
kan2.jpg

最後にヨシ。
kan1.jpg

その後はカンクローとおまめくんがグルグル走り回って、おまめくんが途中でミカンを床に落とす。
カンクローがミカンを見つけて食べる。
そして走る。
を家の中で繰り広げていました。(バタバタ)

振り向いたら仲良し。
kan4.jpg

おまめくん、最近気に入って読んでいる本がこちら。
inu.jpeg
【イヌの気持ちが分かる67の秘訣】

最近ぐっと距離が縮まったカンクローとおまめくんです^^





またまたスキー

おまめくん、今年3度目のスキーで、初めてリフトに乗る事ができました。
公園のブランコで練習したかいがあったね〜^^

suki2.jpeg

はい、家族揃って初心者の我が家。
お父さんが20年ぶり、3回目のスキー。
私も20年ぶり、4回目のスキー。

おまめくんが2回のキッズレッスンを受けたところで、ほぼレベルが揃ったという低レベル。
それでもリフトに乗るってすごく勇気がいりましたけどね(親のほうに)。

二人乗りリフト、私は1人で、おまめくんとお父さんが2人で乗ることにしたのですが、一番緊張していたのは私だったのでした・・。ははは。
リフトのおじちゃんに、
「リラックスリラックス〜」
と笑われ、
帰る間際には、リフトのおじちゃんに
「上手になったじゃないのー」
と褒められたのは、私だったのでした。
(ま、私はリフトは止めなかったけど)

で、おまめくんはというと、乗り降りがうまくいかなくて失敗もありました。
でもリフトのおじちゃんは、「みんなで見てるから大丈夫!心配せんでいいよ!失敗してうまくなるんだよ!」
と励ましてくれていました。
その後、おまめくんは何度も1人で乗っていて、帰る頃にはすっかり乗り降りが上手くなっていました。

リフトはドキドキしたけど、初心者コースを滑り降りるのは問題なくて、家族揃って一日スキーを楽しんだのでした。
ほんと、3人同レベルなので、お互いを気にかける余裕などなく、自分が滑り降りるのに精一杯の親達だったのですが・・楽しかったですよ〜。

今年はスキーもこれで最後かな。
また来年、スキー場に行ける日を楽しみにしています♪

suki.jpeg




バードケーキ

おうち
の庭に野鳥をよぼう♪
ということで、バードケーキを作って庭の木につけてみました。

バードケーキといっても、小麦粉と砂糖とオリーブオイルをまぜただけです。
分量もお団子になるくらいに適量で。
お米とか向日葵の種とかをまぜてもよいみたいです。

IMG_0631.jpg

バードケーキを松ぼっくりの隙間につめて、木にとりつけました。
みかんも一緒に。

IMG_0660.jpg

IMG_0655.jpg

来ました来ました〜〜〜♪
メジロさん。
メジロさんはバードケーキよりもみかんがお好みのよう^^

あと、写真は撮れなかったのだけど、シジュウカラさんも遊びに来てくれました。
シジュウカラさんはバードケーキがお好みだったようで、すっかり食べてくれました。
また次も作らないと。

シジュウカラは、ツピーツピーと鳴きます。
その鳴き声がしたら、そ〜っと窓から覗いてみると・・・可愛く2羽お食事をしてくれていました。
私もおまめくんも嬉しかったですよ〜〜

野鳥の観察が自宅でできてしまいます。
寒い日のお楽しみがひとつ増えました♪




造形大好き

先日初めて製作したジオラマ。
楽しかったようで、第二弾も作っていました^^

IMG_0675.jpg

IMG_0676.jpg

IMG_0677.jpg

IMG_0691.jpg
(白い部分は木工ボンドなので、乾くと透明になると思います。)

おまめくんの造形でいつも思うのは、とにかく迷いがないこと。
何作ろうかな〜みたいな「間」が一切ありません。
粘土を手にすると、素早くどんどんと形を作っていきます。
完成まであっという間でした。

以前学校を休んでいた時期に陶芸に通っていたことがあるのですが、その先生いわく、
「頭の中にイメージがあって、それが消えないうちに作ろうとしているから急いでいるように見えるんだよ」
とのこと。
速く作る=雑
ではないのだということ。頭の中にどんどんイメージがわいてくるんだよ、それに手が追いつかないんだよ、とのこと。
(陶芸の先生は、将来はクレイアニメ作家か、造形作家か、とにかくその道に〜〜〜!!!と、とてもおまめくんの将来を楽しみにしてくださっていました^^)
それを言われるまでは「もっとゆっくり作ればいいのに」と思っていた私なのですが、目からウロコだったのでした。

陶芸の先生のそんな言葉を思い出しながらおまめくんの製作の様子を見ていたら、いろいろな心配ごともふっとんでしまうのでした。

ジオラマが完成した後は、残った紙粘土で地球作り。
地球儀を見ながら小さな地球を作っていました。

白い紙粘土に絵の具をまぜて、上手に色を作っていきます。

IMG_0681.jpg
青も、緑も、地球儀の色にそっくり!!
ちょっとだけ黒を足したり、白を入れたり、さじ加減が絶妙です。

たっぷり造形したあとは、いつもすっきり良い顔をしています。
頭の中がいっぱいになったら、それを出すこと(造形)が、おまめくんには必要なのかもしれません。