FC2ブログ

毎日楽しい春休み

先生とのお別れの寂しさを紛らわせるためにも、外に出て動くのはちょうど良いです。
春休み初日はキャンプに行ってきました。

20183312.jpg
カンクローも、ダイエットをしたら結構歩けるようになってきました。
体重管理、大切ですね。
最近は車椅子もカートもなしでお出かけできます。たくさんは歩けないのですけども。

2018331.jpg
夜のテントが綺麗でした♪

そして数日後には東京から甥っ子がやってきて、賑やかな春休みに!!

20183314.jpg
今年はこの時期に桜が満開だったので、初めて甥っ子とお花見を楽しめました。
今年の桜は本当に綺麗。

そして、甥っ子のリクエストで海釣りも行ってきました。
20183316.jpg

初の海釣り。
あまりに期待値の高い甥っ子に、「釣れない場合があるよ」と何度も話すも、興奮気味でどんな魚が釣れるかをワクワクしながら待っている。
正直、釣れないだろうなあと思っていたら、わりと早い段階でアタリが!!!

小ぶりながらも、メバル4匹とウミタナゴ1匹を持ち帰ることができました^^/
(さらに小さなメバル4匹ほど釣ったけどこちらはリリースしたので、結構釣れたかも)

20183315_20180331210224cfa.jpg
砂浜でも遊んで楽しい1日。

20183313.jpg
釣った魚は全部美味しくいただきました。

春休み、楽しく過ごして新学期を前向きに迎えられるといいな。

春休みといえば、私の中で思い出深い春休みが、1年生が終わった時の春休みでした。
こちらの記事を読んだだけで、その時の幸せな感覚が蘇ります。
年長さんから1年生の時は本当に大変だったけど、あの時の春休みの幸福感は一生忘れられないだろうな、と思います。
見るもの全てがキラキラしていて、これから春が来るんだな、といろんな意味で感慨深い気持ちになりました。

今年の春休みはあの時の幸福感とは少し違っているけど、やっぱり毎日キラキラしています。
きっとお天気が似ているんだろうな。あの、幸せだった春休みを思い出すんです。
暖かなお日様や満開の桜たちが、春の寂しい別れを癒してくれているような気がします。



春のお別れと春休み

5年間支援級でお世話になった先生が異動となりました。
いつかこの日が来るとは分かってはいたけれど、寂しくて寂しくて・・・
送別式まで毎日泣いていた私・・。

おまめくんんも、毎日「さみしい、さみしい」と声に出していました。
でも、以前は気持ちを言葉にすることができなかったので、こうして言葉にできていることは大きな成長なのだな、と思います。

最後の日、花束を渡したのはおまめくん。
1年生の時、学校に行けなかったおまめくんも、こんな風に花束を渡せるくらいになったのだなあ。
4年生の時は、支援級がおまめくん1人だったのでマンツーマンでした。
本当に1人の先生に長い間お世話になるということはなかなかないことで、おかげでここまで落ち着いて学校で過ごすことができたので、先生には感謝しかありません。

最後の最後まで別れがたく、私はずっと泣いていましたが、1週間経って少し癒えてきたかなあと・・。
おまめくんんも、しばらくは気持ちの整理がつけられなかったみたいですが、春休みにいろいろ外に出かけて楽しく過ごしているうちに、気持ちの整理もつけることができてきたかもしれません。

おまめくんとは、一旦小学校を卒業したようなものだね、と話しています。
小学校と中学校の間の1年間、新たに入学して1年間過ごす気持ちで、1年間を過ごしていこうと。

新学期から毎日学校いけるかどうか分からない、という不安な言葉をもらしていたおまめくんではありますが、きっと少しずつ新しい生活にも慣れてくれるのではないかと思います。

春は別れの季節ですが、今回の別れはとても大きなものでした。

4月からどんな学校生活になるのかな?
救いなのは、春休み毎日お天気がいいことかな^^
桜も満開!!
しっかり春のエネルギーをもらって、4月から新しいスタートを切っていきたいと思います。




しまなみ海道サイクリング

おまめくんが突然自転車に乗れるようになったのは小学校3年生の秋でした。
その頃から、行きたいな〜と思っていたのがしまなみ海道のサイクリング。
しまなみ海道は、徒歩や自転車で通れる道があって、車で通る時にいつも自転車で通る家族連れを見かけていて、行きたいと思っていたのです。

昨日は天気もよく、暖かくて絶好のサイクリング日和!
ということで、行ってきました。

20183115.jpg

20183112.jpg

生口島にある、瀬戸田町観光案内所というところで自転車を借りて、多々羅大橋を目指しました。
私は電動アシスト自転車を借りてしまいましたが・・ファミリー連れの場合、お母さんは電動自転車というパターンは割と多いかも♪無理なく楽しめます♪

島の中はほぼアップダウンがなくて、橋に向かうところだけ勾配がありますが、それ以外は快適に走れるので、小学生でも十分楽しめるコースだと思います。

20183113.jpg

天気が良かったので、多々羅大橋からの綺麗な景色を見ながらの快適サイクリング。

20183117.jpg

しまなみ海道にはたくさんの橋がありますが、これは多々羅大橋だけなんですって。
音が反射して面白い現象が起こります。
大声で叫んでもOKだそうです^^

20183114.jpg

手を叩いて楽しみました。

20183111.jpg

多々羅大橋を渡った後。
この橋を渡ったんだな〜。
海がとても綺麗でした。

20183116.jpg

帰りの生口島。
海沿いにサイクリングロードが整備されているので、車の心配なく子どもと一緒にサイクリングできます。
とても気持ちが良かったです。

これからの季節は一番利用者が多いのだとか。良い季節ですからね^^
春休みにまた来たいな。

今シーズン2度目のスキー

先週の日曜日だったかな?
今シーズン2度目のスキーに行って来ました。

一昨年の3年生の時、勇気を出してスキーにチャレンジしたおまめくん。
超初心者クラスに入りました。
初めてのスキー

その後家族でリフトにもチャレンジ。
うまく乗れず落っこちるし(スタート時点でですよ、もちろん)、転ぶし、何度もリフトを止めてしまったけど、失敗しても諦めることなく、帰る頃には1人で乗り降りできていました^^
リフトのおじちゃんも優しくて、「失敗してうまくなるんだよ〜大丈夫大丈夫!!」と声をかけてくださっていました。
(ちなみに、私も夫も超初心者レベルですので、自分が転ばないことで精一杯。おまめくんも自力で頑張ったんです!!)
2回目以降は結構上手くなってきて、これまでのバランス感覚の悪さが改善しているなあという気がしました。
感覚統合と遊び
(思えば感覚統合がされてきたと感じてきたのが3年生くらいからだったような気がします。スキーを始めたのも3年生だったけど、自転車に乗れるようになったりと色々バランス感覚が整い、怖がりが軽減してきていました。)

そして4年生の昨年はスクールには入らず、ひたすら家族で初心者コースを各自もくもくと滑って楽しみました。
家族でスキー
昨シーズンは4回くらい行ったのですが、後半は私たち夫婦よりおまめくんの方が上手くなり、初心者コースでは物足りなくなったようでした。

がしかし、私たち夫婦はこれ以上レベルアップする気配もなかったので、今年はジュニアスクールに入ってもらうことにしたという流れです。
ということで今年はレッスンでも、初心者ではなく中級へ以降するコースに入れてもらうことができました。

前回はたまたまマンツーマンでしたが、今回は4人の子どもに1人の先生だったらしく。
そのレッスンで私はとてもじゃないけど行けない、中上級者コースを滑ったようで、リフトを2本乗って行った山頂からは、日本海まで見渡せたらしい。
リフトの上から(おそらく)熊の足跡も発見したらしく、一緒のクラスになった2年生の男の子と盛り上がったらしい。
おしゃべりしたり、綺麗な景色を堪能したりしながら、楽しくレッスンを受けて満足そうな笑顔で戻って来ていました♪
まさか始めて2年でそんなコースを滑れるようになるとはね〜。パラレルターンをマスターするにはあともう少し、というところらしいですが、すごい進歩です。

スキーが気に入った様子のおまめくんなので、ワンシーズンに3回くらいは行きたいところなのですが、今年はスタートが遅かったなあ。
広島のスキー場は3月中旬で終わってしまうので・・今年はもう無理かも。
また来年、行きたいと思います。

28378268_1450958808348310_8789012763249929632_n.jpg

28280111_1450958811681643_3799944366668452653_n.jpg

さて、写真は超初心者コースのファミリーコースにて。
私はこのファミリーコースが一番楽しい!!私はずっとファミリーコースで構いません!!(どうやらスピード恐怖症があるようです。スキーは向いてないわ〜)
私は山頂からの写真は撮ってあげられないけど、来年も先生と綺麗な景色を堪能してね。