イジメ問題 その後

10日ほど前に気がついて支援級の担任の先生に相談、翌日いろいろと対応してくださった先生がた。
昨日、教頭先生と校長先生とお話しする機会をいただきましたが、その後嫌なことを言われることがなくなったということで、特に対応のお願いではなく、経緯の説明と、来年度への引き継ぎのお願いだけになりました。

支援級の先生と普通学級の担任の先生がしてくださったのは、クラスみんなの前で寸劇のような形で状況を再現し、
「これはイジメです」
と伝えてくださったとのことです。

これまでの嫌がらせの時には、個別に話し合いのような形をとったり、言い方に関しての注意や指導などをしていたのですが(そして先生からは、解決しました、という報告をいただくことの繰り返し)、その後エスカレートしてイジメの形に変わってきたということで、対応を変えてくださったようです。

本人たちに直接ではなく、寸劇の形で再現したことで、客観的に行動を見ることでのドキリもあっただろうし、周りの子どもたちも同じような状況を目にしたときに、これは「イジメ」だと線引きができるきっかけにもなったのかも?しれません。
本人たちは、うちの子からの報告ではなく、もしかして誰かに見られていたのかも?という意味のドキリもあったのかもしれません。状況やセリフの再現がリアルだったとおまめくんが言っていたので。
席替えもあって距離もとれるようになったことと、この寸劇の効果があったようで、その後全く嫌がらせがなくなったということです。

先生からは、心の問題はすぐには解決しないかもしれないけれど、嫌がらせをしてしまう子どもたちに対しても、注意していくばかりではなく、良い部分を見つけて積極的に褒めることも意識していきたいと言われていました。
おそらくこういったことも、イジメが消えたきっかけでもあったと思います。
卒業までずっと様子見が必要ですが、気がついたときにすぐに対応してくださってよかったと思います。

どこまでがからかいで、どこからがイジメか。
線引きは難しいのかもしれませんが、
・複数の子が1人の子に対して継続的に嫌がらせをする
ということがポイントにはなると思います。今回は、「取り囲む」「授業中での耳打ち」など、逃げ場のない場面での嫌がらせが発覚したので、私はイジメと判断しました。支援級担任の先生も同じ意見でした。

そしてここからは愚痴ですが・・・
支援級担任、普通級担任の先生が理解があり、対応も早かったので学校に対してどうこうはないのですけど・・
教頭先生、ピントがずれまくっておりました。

ひと通りお話しした最後に一言、私に向かって
「じゃあ、おまめくんには「今回のことはイジメじゃなかったよ」と言っていいですか?」
と言うわけですよ。
エーーーー??何を聞いていたの???
しかも、それをイジメを受けた本人の方に言うわけ?

私は、
「短期間ではありましたが、イジメです。担任の先生も寸劇の中で「この行為はイジメです」と子どもたちに伝えてくださってます。心が大きく傷つく前に解決できたと言うお話をさせていただいたつもりですが。
もし、何か内部の報告書のようなものに件数を書かなければいけない、という理由でしたら、イジメにカウントしなくてももちろん大丈夫です。別にはそれはどちらでもよいことなので。
ただ、このことを把握している先生や子どもたちは、こういった行為は「イジメ」だと認識する必要はあると思います。すでに子どもたちには寸劇を通して伝えているし、わざわざ「これはイジメではなかった」、と子どもに確認するようなことは絶対にやめてください。」
と答えておきました。

おまめくんの絵が破壊的になっていること、私は教頭先生には伝えなかったのですが、おそらく支援級担任の先生が伝えていたのでしょう。この件に関しては、驚きの発言が・・

(教頭先生の発言)「おまめくんが絵を描いているところを見たら、怪獣の絵で、街を壊している絵だったので、「もっと平和的な絵は描けないのかな?」と伝えました。おまめくんは、「だって怪獣ですからね」と言うものだから、「怪獣が仲良くする絵は描けないのかな〜?」と言ってみたんですけどね。なかなか平和的な絵は描けないみたいです。」

ですって!!
何それ??破壊的な絵を描いていることが悪いって解釈?
平和的な絵を描いてくれれば問題はないってこと??
意味わからない〜〜〜(涙)
そもそも休み時間に描いている落書きに口出さないでほしい。表現の自由だし。
通じない人に絵の話なんてしなくてよかったんだけどなあ。支援級の先生、おまめくんの苦しみを伝えようと一生懸命だったのだろうな、とは想像できますけど。

まあ、私は心の中で思うことは色々ありましたけど、
「ははは。落書きですから好きに描いたらいいんじゃないですか。」
と流しておきました。

最後の愚痴は置いておくとして、すぐに対応をしていただいて一旦収束に向かったイジメ問題なのでした。
この1週間嫌がらせがなくなって、とても気が楽になったとおまめくんは言っています。
先生からは、今日は久しぶりに体育に参加し、久しぶりに休憩時間に外で遊んでいたということでした^^