FC2ブログ

絵でバランスをとる

先月の話なのですが、映画「レディープレイヤーワン」を観てきました。
映像の刺激に弱いおまめくん、ちょっと刺激が強すぎるかなとも思ったのだけど、もう11歳だし、おまめくんはスピルバーグファンだし、観に行ってみようかな、ということになったのです。
(単純に70歳を超えたスピルバーグがこのお話をどのように表現しているのかに興味があったというのもある)

私には映像の刺激が強すぎて、その日は頭痛が酷かったのだけど、映画はとても楽しめました。
スピルバーグ、感性若いな。
そして、みんながVRのメガネして街中や家の中でゲームしてる姿が、フィクションだと思えずリアルに怖いなあと思ったりもしたけれど。。。

さてさて、おまめくんの頭の中は分かりやすく、映画を観た後のお絵かきはこんな感じでした。

IMG_1471.jpg

ボールペンですばやく描いていた・・・。
頭の中がパンパンだったのでしょう。
描いた後はスッキリした様子でした。

で、次の日のお絵かきがこちら。

IMG_1470.jpg

前日に大暴れした怪獣たちの日常。
結構可愛い。

だいたい、頭の中がいっぱいになったり、何か辛いことがあったりした時に夢中で絵を描くことが多かったりするのかもと思います。
こういう時は、描いてスッキリさせることが大事ですね。
翌日は頭の中も沈静化(笑)した様子が見受けられるので、映像刺激も大丈夫な年齢になってきたのだと思います。
低学年の時は映像を見せすぎないように気をつけていたけど(すぐに頭の中が自制できなくなってしまうので)、高学年になったことだし、好きな監督の作品などはスクリーンで観てもいいかなあと思ってます。

最近はパタリを絵を描かなくなったおまめくん。
しばらくはインプットの時期みたい。