FC2ブログ

日々の生活などなど

6月の怒涛のテスト月間が終わり、あっという間に7月です。
7月は、夏休み前にバレボールのクラスマッチがあったり、10月の合唱祭の曲決めを行ったり、あまり行事のない学校ながらも、行事の準備などを行っている模様。

小学校のときと違って、あまり困ることもないようなので、学校からの連絡もないためどのような日々を送っているのかわからない部分もありますが、毎朝元気に通っているので大きな問題はないのだろうな、と思います。

音楽の時間の前に、音楽室でゴジラの耳コピを弾いていたところ、みんなが褒めてくれたそう。
で、合唱の伴奏に推薦してもらったようなのですが、断ったとのこと。(懸命な判断!)
で、息子は同じピアノ教室の女子(以前のピアノの先生の生徒と、現在のピアノの先生の生徒がなんと同じクラスにいるんですよ)の2名を推薦したそうです。
間違いなくその女の子たちの方が適しております!
まあ、まだ決定してはいないみたい。その女の子も断ったら回ってくるかもしれませんが・・・。なるようになるかなあ。

5月に、小学校の時に支援級に在籍していたことでちょっとした騒ぎになったことがあったけど、その後は本当に何もなかったかのようにみんな普通に接してくれているようです。
色々抜けていることも多いし、時間割変更を聞き漏らして忘れ物もあるようだし、宿題も聞き漏らしてできていないこともあるみたいだけど、先生も暖かい目で見てくださっているのでは?と思っています。

情報科学部は、最初プログラミングや作曲ソフトをしていたパソコンが、eスポーツに使われてしまって、毎回空いたパソコンがなくておしゃべりして帰っていたことが判明。(おしゃべりが楽しければそれも悪くはないけれど)
なので、食わず嫌いもよくないし、eスポーツやってみたら?と提案してみました。

そんなこんなで先生にアカウントを作ってもらい、今週からeスポーツに参加しているみたいです。
これまでゲームをしたことがなかったので、あまり操作は上手くいかないながらも、楽しめているよう。
グループの対戦にも参加させてもらって、それなりに楽しんで過ごせてるみたいです。
先輩が優しいのがいいなと思います。

顧問の先生はJavaが使えるようなので、学校ではできないけど先生からJavaの本を借りてきて、家で独学しています。
やってみたいことをいろいろ試せばいいんだろうと思います^^

なんだかんだで今の所1日も休みなく、遅刻もなく、無事に1学期が終わりそうで一安心です。
私も息子の学校に対する心配や緊張感が随分薄れ、日々の疲れも治ってきました。
やっとペースに慣れてきたのですね。

定員割れが激しい学校なので何も期待をしていなかったのですが、息子にはちょうどよく通える学校だったと思います。
クラスメイトも元気で賑やかなタイプの子が多いのですが、根は優しいいのかな?という印象。
陰湿ないじめのような話を聞かないので、この点が一番安心しているところです。