共感覚 ミラータッチ現象

ミラータッチ共感覚とは
第三者が対象者に触れているのを見て自分が対象者に触れているのと同じ触覚が生じたり、第三者が対象者に触れられているのを見て自分が対象者に触れられているのと同じ触覚が生じたりする共感覚は、特にミラータッチ共感覚と呼ばれる。
Wikipediaより

というものですが、どうやらこの共感覚も持っていることが分かりました。
・赤ちゃんが木のおもちゃをなめているのを見た時に、口の中に木の味が広がった。
・蛍光灯を見ると手にジワジワした感覚がある
・ザラザラした壁紙を見ると手に触った感覚がある
などという感じです。

音に色が見える色調、頭の中に無限の数字の紙が広がっているというナンバーフォームもあるということですが、最近これらの感覚がより鮮明に感じられるようになったと言っていました。
「しんどい?」と聞くと、
「そうでもない」とのこと。

共感覚についてはあまり情報がなく、なぜ共感覚があるのかとか、発達の凸凹と関係があるのかとかよく分かりません。
あったところで本人が生きにくささえ感じなければどうということはないということですが、ミラータッチまであるというのはなんか心配になってくるというか・・・。

宮沢賢治さんは他人の痛みまで感じてしまっていたと聞きますが、さすがにそれはない、とのこと。
痛みまで感じるようではなかなか大変なのではと想像しますが、今のところしんどさを感じてないようなので、まあいいか、と思います。

11歳を過ぎて、周りの子との違いが目立ってきたように感じています。
周りの子と比べるということはとっくにしなくなっていたはずだけど、ふとした瞬間に将来への不安の波が襲ってくることはやっぱりあります。
低学年の時と違って、進路、自立、という時期が近づいてきているからだとは思います。
社会の中で、自分らしさを大切にしながら生きる居場所を見つけられるといいのだけど。

共感覚の話を久しぶりにしてきたので、ふとそんなことを考えてしまいました。
いろいろと前向きに考えていかないといけないな。気を取り直そう!




コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

チェロ母さんへ
コメントありがとうございます。
結局普通級の席は、校長先生にお手紙を書いてなんとか変えていただきました。
やはり小学校最後の1年、不安なままで過ごすことはよくないですし、席を離していただくことは学校との約束だったので・・・。

でも本当に、これも社会の一面。誰もが理解を示してくれるわけではないし、周囲から浮いているというだけでこういったことも起こりうるということなんだろうな、と思います。

こういった子どもたちが、自尊心を失わずに生きていけるように子ども時代を支えていかないといけないな、と改めて感じました。

とりあえず今回の件は解決し、本人はケロっとして学校に行っています^^

梅雨の晴れ間はあっという間でしたね〜。梅雨が明けたら海に川にといろいろと遊びに行こうと思います^^

No title

chocolatさんへ
コメントありがとうございます。
長男さんもう5年生なんですね。うちも6年生ですからね〜。ほんと早いです。
中学、本当に悩みますね。
我が家は選択肢として、公立中学はなしとしました。
偏差値50くらいの少人数の(1学年40人くらい)の私立、と思っているのですが、何しろ試験があるので不合格なら公立の普通級ですよね。

公立中学で(私立でも場合によっては)不登校になったら、通信講座で自宅学習+興味のある習い事、自宅で創作活動など好きなことをする時間ができるし、それはそれでいいかなと考えています(同世代との交流ができる場所だけは学校外でも確保したいとは思いますけど。)

大学へは進学したい思いがあるようなので、そこに向けて、中高は精神的に安定できる環境を選びたいなと考えています!

絵はなぜか急に上手くなったんですよ。学校でたくさん描いたからなのか、謎です。もともと描くのは好きでした。将来は美術系の大学に進学したいみたいです^^
非公開コメント