FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習の取り組みのために参考にした書籍

小学校低学年の時から、理解はしているように思えるのに何かがおかしい・・・とずっと疑問に思っていて、調べていくうちに「2E」という言葉に出会いました。
「2E」の説明をすると、まずギフテッドの説明をしないといけなくなるのですがギフテッドの概念はここでは省略します。ギフテッドと何らかの障害を両方抱えている人たちのことを2Eと呼びます。(twice exceptional children  二重に例外的な子ども、の略です)

療育の先生も、もちろん主治医の先生も、ギフテッドだの2Eだのということを教えてくれることはありませんでした(そもそもそういった概念を持っていないと思います。以前に療育の先生にちらっとギフテッドの話をした時に、サバンのお子さんの事例を出されて、「おまめくんは違うんじゃないかな?」と言われたので、その後相談はしていません。)

そんなこんなでずっと感じていた違和感を何だろうと思っていたのですが、ギフテッドという概念と2Eという概念を知った時、これかも・・・と思ったのが小学校1年生の秋頃だっただろうと思います。

感覚過敏や不安感もギフテッドのOEに当てはまるし、それ以外のギフテッドの子どもの特徴にも当てはまることが多かったです。唯一当てはまらなかったのはWISCの数値ではあったのですが、実際どこかで認定してもらって支援を受けることができるわけではないので、自分の中で当てはまると感じてそれに応じた関わりをすることには、何の問題もないことだったので。

唯一1年生から3年間プレイセラピーを受けていた心理士さんが、具体的な関わり方の方法を教えてくださったり本を勧めてくださったりしました。
心理士さんが勧めてくださった本はこれ。

ギフテッド 天才の育て方 
gihu.jpg
天才の育て方って・・・タイトルが本当に良くないと感じています。
(内容がとても良いだけに、いつかタイトルを変えて再版してくれないだろうか)

心理士さんが、おまめくんに似ている子ども達の事例がたくさん載っているから読んでみるといいよ、と。
(心理士さんは、WISCの数値は中学生になったら言語と知覚は高い数値に揃うから今の数値は逆にあてにならない(問題点が見えにくい)。逆にこの先もワーキングメモリと処理速度はそんなに変わらないからもっと差が開くよ、と言われていました。まだ中学生ではないけど6年生でそのようなバランスになっていったので、心理士さんはおまめくんの特性を見てこの本に出てくる子ども達に似ていると当時から思われていたのだと思います。)

実際この本を手にとって読んでみると、本当に具体的な事例がたくさん載っていて、大変参考になるものでした。
特に第4章、視覚優位型の子どもたちへの特別支援教育、という部分のCくんの事例がとても参考になりました。
C君は小学校を日本の公立小学校で過ごし、非常に好奇心が旺盛なのに読字・書字に困難を抱え、「努力不足」「怠けている」というマイナス評価をたくさん受けます。
中学は私立に進みますが、先生との相性や教科によって成績が良かったり悪かったりと極端な結果を出します。
結局、イギリスの学習障害の対応を行なっている高校に進学し、特別なカリキュラムで学びます。試験も時間延長やスペルミスを減点対象にしない、紙の色を変えたものを用意してもらうなどの配慮を受け、建築を学ぶ大学へと進学、建築家の道を歩んでいるとのこと。(イギリスの学校での具体的な文字の学び方なども大変参考になります)

おまめ君が高校でイギリスに進学することは現実的ではないのですが、日本でこのような特別支援教育を受けることができたらどんなにいいだろう、と思います。
学校では無理でも、こういった学び方が向いているということを意識して家庭で取り組むなどでも随分違うのではと思います。

もう一冊、これは1年生の時に自分のブログでも紹介した本ではありますが、

算数の天才なのに計算ができない男の子のはなし
gihu2.jpg
これも天才という言葉が気になりますが・・・。
本を手にとってもらうためにはこのくらいのタイトルが必要ということでしょうか・・・。

この本はネット検索で自分で見つけたのですが、どうも概念理解はできているように思えるのに単純な計算問題を前にフリーズしてしまうおまめくんの状況ととても似ているものでした。(算数の天才ではないけれど)

小学校、特に低学年の学習は、「読み・書き・計算」がメインです。
学習の評価も「読み・書き・計算」が速く、正確に、綺麗な字でできているかを見られます。
こういった部分を苦手とする子どもたちは、学校、勉強というものがそもそも苦痛なものだと感じながら、時には怒られたりバカにされたりしながら、貴重な子ども時代を過ごさなければいけないのです。

もしおまめくんに、「漢字をみんなと同じように書くことができる」「字を綺麗に書く」「計算問題を速く解く」ことを目標に毎日学習をしていたら、これまであった知的好奇心はすっかりなくなり、毎日泣きながらひたすら「書く」ことをしなければいけなかったかもしれません。
さらにおまめくんは運動も得意ではありませんから、小学校時代はただただ苦しいものだろうと思います。

2Eという考え方に出会って、いろいろな方のブログでの情報や書籍などから情報を得ることができて、少なくともおまめくんが今生き生きと生活できているということはよかったと思っています。
2Eの子どもが最も苦労するのが中高生時代と言います。(小中学校での不適応、中学まで頑張った子でも高校でドロップアウトしてしまう2Eの子どもが多いとのこと)

支援級の所属を選択しないことにしているので、中高時代に負のスパイラルに陥らないように、丁寧に見ていかないといけないなと思っています。
最悪ドロップアウトしてしまっても、ホームスクールの準備もしておけば大丈夫なのかもしれませんが。家族も一緒になって追い詰めるようなことをしなければ、大きく心を傷つけることはないのかもしれません。
2Eの子は結構大学は大丈夫なことが多いようです。

中学進学に向けて、さらに具体的な対応について情報を集めて学んでいきたいと思っています。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

鍵コメさんへ
コメントありがとうございます!
参考になる内容があれば幸いです。
限定記事も読んでいただきありがとうございます。
WISCは多くの子が受ける検査の割にはあまり情報がなく、検査結果を支援にどう繋げるかが曖昧な場合も多かったりするので、1事例として参考にしていただければと思います。
そうなんですね、アメリカにいらっしゃったことがあるのですね。
色々な学び方、どんな子どもでも、ですよね。
本当の意味でインクルーシブ教育という考え方が定着すれば、特別支援という言葉も必要無くなるのに、と思います。
日本は欧米に比べて、学びも価値観も一律に・・・という意識が強いように思います。
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。