FC2ブログ

注意欠陥

中間テスト2週間前になり、ワークが課題として出るようになりました。
といっても、範囲までのものをテスト当日に提出するというもの。(定番?)
1日1〜2ページずつ進めれば問題ない量です。

最初のテストなので、一緒に確認をすることにしました。
まず、テスト範囲の案内プリントは教科ごとに配られるので、テスト範囲のプリントだけ別でファイルへ。
範囲をプリントで確認。
ワークの範囲の最後のページに付箋を貼る。
ページ数を数えて、1日何ページやるか本人に決めてもらう。
結果、英語・数学・地理は毎日1〜2ページ進める、国語は土日にまとめて進める、になりました。

ということで、英語、数学、地理のワークに取り組んでいたのですが、英語のワークを覗いてみたところ
(ん?最初の中間でこんな内容までやるのか〜)
と、私立だからだな、などとあまり深く考えていなかったのですが、改めて取り組んでいるページ数を確認すると、80ページくらいのところをやっている?!
課題の範囲は4ページから37ページだったはず。

そうです、パッと開いたページを取り組んでいたわけです・・・。

気がついたのは2ページ終えた頃でした。
それにしても、取り組み中に「習ってないこともあるな?」と気がつかないものなのでしょうか。

違うページをしていたことを伝えると、泣いてしまったのですが(本来宿題の2ページをもう一度やらないといけないので)、
「まあ、先で宿題の時にちょっと楽になったと思えばいいよ」
と慰めておきました。
課題の量は大したことないけれど、書くことに時間がかかるので本人は限界の量のようなので、1日しないと翌日の負担が大きいわけなのです。

それにしても、付箋の印も気にしないのかあ〜。
このままではあまりに気の毒なので、課題ワークをする時の手順を書いておいたほうがよさそうです。
まあ、少しずつ本人が抱えている課題を拾い上げて、工夫を一緒に考えていくしかないのでしょうね。
そういうトレーニングとして、定期テストは大いに活用できそうだなと思います。

余談ですが、地理の暗記は苦手かな〜?と思っていたら
「最近バイオームに興味があるから地理は面白いんだよ」
と息子。

バイオーム?理科じゃなくてなぜ地理?

息子曰く、「人類も生物と考えると、今地理で習っていることは人類のバイオームのようなもの。家は巣みたいなものだかし、気候とか地形とかで食べているものとか着るものとかが変わるというのは興味深いんだよ。」
とのこと。
興味持ったのなら楽しく学べそうでよかった。
まあ、プリントに「答えは漢字で書きましょう」と書いてあったので点数には繋がらないような気はしますけども。



コメント

非公開コメント