FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年秋からの変化のわけ

おまめくん、昨年の2学期以降から驚くほど安定しています。
3学期からは、有言実行で毎日朝から通学。私の送りも必要なくなり、朝玄関で見送るという日々。

朝は近所の子どもと一緒に登校し、朝の会が始まるまでの間の「朝休憩」を、外で遊んで過ごしているとのこと。
「朝の会」も交流(普通学級)で過ごしているとのこと。

国語・算数・社会は支援級で授けているのですが、それ以外の科目は交流で。
付添いの先生も特に必要ないと本人が言うようなので、1人で行っているそうです。

ストレスを感じている様子もないし、家で反動が出ているわけでもありません。
学校が終わった後は、近所の公園で17時まで遊んでいます。
遊び相手がいない時は、1人でお散歩を楽しんでいるとのこと。(このお散歩も楽しみのひとつらしい)

ということで、今のところ何も問題なく毎日を過ごしています。

カウンセリングの先生いわく、
「自立」
が、今のおまめくんのテーマなんだね、とのことでした。
学校が終わった後も含めて、私から離れて過ごすことを意図的に行っている様子。
「なんか淋しくなっちゃうねえ」と心理士の先生。
全くに唐突だったので、確かに。(私自身は淋しさは不思議とないのですけどね〜)

「いろいろな理由が関連しているから、具体的にこれっていうことではないんだけど」
と心理士の先生がおっしゃったのは、
「夏休みの海水浴と秋のキャンプと、自転車が大きかったのでは?」
とのこと。

海水浴とキャンプと自転車〜???

要するに、リベンジなんですけどね。
おまめくん、1年生・2年生でも海水浴に行ってるけど、足が届かないのが怖くて浜辺で遊ぶだけでした。
キャンプは、1年生の時にお友達家族に誘われて行ったのだけど、怖くて泊まれなくて、夜暗い中を私と家に帰ったのでした。

3年生の夏、海水浴は5回は行きましたね。
浮き輪を使ってだけど、浮き島のところまで何度も往復。もちろん足なんてつきません。
それでも恐怖も感じず、何度も何度も楽しみました。
キャンプも、昨年秋に家族キャンプで思い切って行ってみて、無事にテント泊を楽しむことができました。(昨年の秋だけで4回いったな〜)
自転車は、まわりの子ども達は1年生くらいで乗れるようになっていたので、補助輪付きで乗っていると、見知らぬ子どもから「何歳なの〜?」と質問されることも多々あり。
「気にしなくてもいいよ」と声をかけてはいたのですが、気にしていたのでしょう。
その自転車にも突然乗れるようになったし!!!

これまでの自分を乗り越えた自信なのかな。

他にも、もちろんいろいろな理由が合わさっているのだと思いますけど。
これまで出来なかった事をできるようになったという経験から、学校でもチャレンジしてみよう、という気持ちになったのではないかという推測です。

おまめくん、先日ぽつりと、
「中学校の入学式は出れるような気がするんだよね〜」
と言ったんです。
こ、これもリベンジ?
そうか、小学校の入学式に出れなかったこと、結構気にしているのだね・・・。

これまでの自分から変わりたい、最近のおまめくんからは、そんな強い意志のようなものを感じるのです。





コメント

すごい成長ですね

こんにちは
 
自分でブログをやっていないし、コメントを書き込むことにも慣れて
いないので、お気遣いありがとうございました。
アドレスを入れていたので削除していただいて助かりました。

おまめくん、とても落ち着いていて、すごく成長していますね。
うちは普通級の1年生ですが、いろいろと大変なこともあり、
このまま普通級がいいのか、支援級に変わるほうが良いのかと
悩んでいるところです。

No title

akipさん
コメントありがとうございます^^/
1年生のお子さんがいらっしゃるのですね。
支援級、我が家も入学前にとても悩みました。
その学校の支援学級の雰囲気や先生の影響も左右すると思いますが、支援級のメリットは結構大きいかなと個人的には感じます。その子のペースに合わせて進めてくださることと、静かな環境が選べることが大きかったかなと思います。
でも、普通級でみなと一緒に成長する部分もあるので、ほんとに悩みますよね・・・(><)

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。