将来の夢を語る

もうすぐ11歳になるおまめくん。
早いものです。

11歳といえば、以前通っていたカウンセリングの先生から、その頃に出会ってビビビと来た分野に突き進む(将来の夢に向かっていく)というようなお話を聞いたことがあるので、大事にしていた年齢です。

以前のブログのこちらの記事参照。

夢はいつもいろいろ語っていたけれど、最近、大きく針を振り切った感じで語り出した夢があります。

「映画監督になりたい!!!」

と。

2016年に公開された「シン・ゴジラ」と「この世界の片隅に」の影響が大きいでしょうね。

映画を勉強できる大学があるか?という質問があったので、一緒に調べてみることに。
ありますね〜。いろいろあります。
主に美術系・芸術系大学に映像学科という学科が設置されています。

これまで恐竜が好きだったから夢は「古生物学者」だったんだけど、日々おまめくんがしていることと言ったら、絵を描いたり粘土で造形したり創作折り紙をしたり。とにかく毎日、何かを作っている日々。
確かに、そちらのことを学ぶ方が楽しめるのかもしれませんね^^

中学に入ったら早速デッサンを習いたいと意気込んでいます。
シナリオを書く勉強もしたいそうです。
まあ、とにかくやる気満々で、毎日楽しそうに絵コンテを描いたりコマ撮りアニメを撮影したりしているおまめくんです。

IMG_0799.jpg

映画だと出演者を探さないといけないからなかなか難しいけど、コマ撮りなら1人でも撮影できるからね〜。
気持ちはもう監督です。

あと1週間ほどで11歳ですが、この年齢でビビビと来たものは映画だったとは。
なかなか面白い展開だなあ^^

なんにしても、夢に向かって日々楽しめるのは素晴らしいことだな、と思います。
どんな夢でも応援するよ〜。

コメント

非公開コメント